Dospara Prime Note Cresion NA

Prime Note Cartina UMレビュー

Prime Note Cartina UMレビュー

Dospara Prime Note Cresion NA

Dospara Prime Note Cresion NA

Prime Note Cartina UMはドスパラで販売されているUMPCノートパソコンです。(2008年12月現在)基本的な機能としてはAspireONEのスペックを筐体とOSを変えて販売を行なっているだけの様な感じがしますが、販売価格が3年保証をつけても39800円程度と非常に安価であるため、人気が出ている商品です。

利点と欠点

利点

  • 非常に安価であり、Linuxのインストールも簡単です。
    Linuxノートパソコンとしては3年の保証が付いて39800円程度と非常に安価であり、Linuxもほぼそのままインストールができ、使用ができますので、すばらしいと思います。また、ある意味UPS付きのLinuxサーバーとしての用途の使用も可能なのではないかと思います。
  • Ubuntu、LinuxMintがインストールできます。
    もともとインストールされているOSは「FOS」と呼ばれるOSですが、Ubuntu、LinuxMintへの切り替えに関してはWebカメラも含め、ほぼ容易に行なうことができます。AtokX3のインストールも容易に行なうことができます。ただし、無線LANのみはデフォルトではインストールされないので、参考ページに記載されている「第49回 NetBookを使いこなす(1):USBメモリからのインストール・RTL8187SEの利用」の方法に従ってインストールをされるのが一番良いと思います。また、キーボードの認識(半角/全角がPageDownになっている場合)につきましては、欠点の部分を参照してください。あっけないという意見が多いですが、DELLのUMPCよりも安価で比較的容易にインストールができることを考えると、お得なのかもしれません。

無線LANのインストールに関する詳細情報

インストール方法

  1. 以下のコマンドを実行します。
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install fakeroot build-essential dpkg-dev devscripts
    $ sudo nano /etc/apt/sources.list もしくは
    $ sudo gedit /etc/apt/sources.list
    /etc/apt/sources.listに以下の内容を追加し、保存しましょう。

    # Debian packages
    deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian unstable main contrib

    以下のコマンドを実行します。
    $ gpg –recv-key –keyserver wwwkeys.eu.pgp.net C4C7264B
    $ gpg –export C4C7264B | sudo apt-key add –
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get build-dep rtl8187se-source
    $ mkdir -p ~/src/rtl8187se
    $ cd ~/src/rtl8187se
    $ sudo apt-get source –compile rtl8187se-source
    (掲載記事では一番下の行が「atp-get」となっていますので、ミスに注意を!)

  2. インストール
    ~/src/直下にrtl8187se-sourceパッケージ(rtl8187se-source_1023.0928.2008_all.deb)が作成されるはずです[場所]からホームディレクトリを開き,srcディレクトリにあるrtl8187se-sourceパッケージをダブルクリックして、gdebiを用いてインストールします。
  3. m-aによるインストール
    rtl8187se-sourceパッケージはその名の通り,RTL8187SEのドライバの「ソース」パッケージです。利用するためにはmodule-assistant(m-a)を用いてビルドする必要があります。以下のコマンドでautoinstall(a-i)が実行され,必要なモジュールのビルド・パッケージング・インストールが行われます。

    $ sudo m-a a-i rtl8187se
    あとはOSを再起動すれば無線LANが利用できるようになっております。

LinuxMint5及びLinuxMint6でも動作を確認。

LinuxMintでも上記の様に行なえば使用する事が可能です。

参考ページ

第49回 NetBookを使いこなす(1):USBメモリからのインストール・RTL8187SEの利用

利点と欠点

欠点

  • キーボードの認識について
    日本語キーボードの注意としては、最初に「半角/全角キー」が「PageDown」として認識してしまっている可能性があります。これは当方からの質問に関してドスパラ側からの情報だと、他にその様な方が多くいらっしゃって、BIOSが英語キーボードの対応になってしまっているために起こる現象だと報告があったそうです。もともと某掲示板での情報でしたが、現実のようで、USBメモリーでBIOSが送付されてきましたので、BIOSを更新しましたところ、解決しました。一時的な対策としては、AtokX3には使用できませんが、「SIM+Anthy」の設定で「機能別にキーボードの割り当て」の部分において設定を行なえば、一時的には解決します。ただ、一時的な対策であり、最終的にはXPになった際などに困る原因になりますので、必ずそのまま仕様を続けずに無理をせず、取り寄せや修理等を行なってください。
  • バッテリの持続時間が短い。
    バッテリの持続時間が仕様上でも2時間と非常に短くなっていますので、注意が必要です。
  • 動作について
    動作については仕方がないことですが、やはりもっさり感がどうしても否めません。
  •  あくまでもある程度はPCの知識が必要です。
    キーボードの認識に関する項目など、ある程度の問題を自分で解決できる方であれば問題がありませんが、初めて等使い始めるためのパソコンとしては不向きではないかと感じます。

どちらでもない

  • スペックは基本的にはAspireOneなどとあまり変化はない。
    基本的なスペックについては、AspireOne等と比較すると代わりはないと思います。

その他のLinuxに関する検証

OpenSUSE

基本的には全ての動作を行なう事が出来ます。無線LANについては検証はしておりませんが、認識していると思います。なお、WEBカメラはやはり認識がいまいちで、コーデックをインストールする前であってもおかしい状況になっています。

Jaris

基本は問題なく動作しますが、WEBカメラや無線LANなどは多分無理ですので、あきらめて下さい。外付けのDVDドライブでのDVD再生も快適に動作しますので、確かに起動や終了などは時間が若干かかりますが、一度起動すると快適に動作します。OpenSUSEよりかは比較的快適なのではないでしょうか。

結論

Linux専用ノートや余っているライセンスでのWindowsXPノートとしては文句なし。

Linuxをインストールする場合や余っているWindowsXPのライセンスをインストールする場合等においては非常にお奨めできるノートパソコンではないかと感じます。1台目としてはあまりお奨めはできないと思います。また、サブノートしての使用やWeb端末としての使用であれば問題なく使用ができると思います。