台風5号の規模と進路が心配になってきました。このまま行くと海上から来ますので精力的にも衰える事も少ない状態でもっと発達する可能性もある非常に強い台風が沖縄から九州にかけて直撃する可能性も高くなってきています…避難情報などの防災情報には十分注意をするようにしましょう。

さて、先日になりますが注文を出していたHUAWEI P8 Liteのバッテリー部品が相当頑丈な梱包(発泡スチロール箱に入った状態)で到着しました。実際に中を開けてみますと取り外しに必要な工具が入っていましたので交換を行ってみました…

新バッテリーと交換時に必要な工具が入っています

実際に保証期間はとっくに過ぎていましたし、バッテリーを交換するにしても高額になりますのでそれなら自己責任で壊れても割り切った方が良いと思いましたのでむしゃくしゃしてやってしまいました。

※これから先の部分につきまして
 あくまでも分解やバッテリーの交換は自己責任で行ってください。当サイトでは何がおきても責任は取りませんので予めご了承ください。

バッテリーは完全放電させている状況で電源が落ちている事を確認して作業をはじめました。分解の方法はYoutubeにありましたが、納品された工具の中でパネルを引っ張り出す工具で裏側の黒いパネルと本体に隙間を作り、ギターのピックのような物を間に入れて外していきます。両面テープで頑丈に装着されていますのでゆっくり確実に取っていきます。

カバーを取り外すと…

黒いカバーを外すとバッテリーなどの部品を見ることができます。下部にある銀色のカバーを外してからバッテリーを外します。ただ、バッテリーは完全放電させている状況でなおかつ折り曲げずに慎重に剥がしていきますが、固定されているテープの強さがかなり強いので最新の注意が必要です。

剥がした際にダメージが出て膨張を始めたり発熱をし始めたら、発火などの原因にもなりますのですぐに安全な場所まで持って行くなどをして様子を見てください。

新しいバッテリーを装着した所

新しいバッテリーを装着してから元に戻します。その際に付属されていた両面テープを貼って黒い裏蓋を装着して完成ですが、実際に納品されたバッテリーがきちんとした物で以上がないかを確認するために2~3回ほど目の前で充電をさせながら監視をしました。

とりあえず今のところは特に問題は見受けられませんでしたので様子を見ながら使用しようと思います。

昨日、Xperia pro MK16に関するブログをSatlabWebsiteに掲載した件になりますが、実際に調べてみると容量不足に陥る原因の1つにgoogle開発者サービスである事が判明しました…現在発売されているスマホでは全く問題はないのですが、ROMが少ない場合だと意外と大きな容量を取られてしまいます。

ただ、削除してしまうとGooglePhotoアプリなどgoogle開発者サービスがなければ使用できないアプリが使えなくなってしまいます。そこで代わりにYahoo!かんたんバックアップサービスがAndroid 4.0.3以上とギリギリサポートになっていますので導入する事でほぼ改善しました。
まあこんな感じです。