4月20日火曜日: HAIKU OS

カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
先日、LOOX U50XNにHAIKU OSをインストールしてみました。HAIKU OSとは、オープンソース版BeOSを目指しています。Be社解散後に発足したプロジェクトによって生まれたOSです。とはいうものの、BeOS(ビーオーエス)と言われても知らない方も多いかもしれません。

Puppy Linuxも確かに良いOSなのですが、自分の用途にはいまいち合わなかったかもしれません。Puppy Linuxは古いPC等において、非常に良いOSですので、是非選択肢として入れておかれるのがよろしいかと思います。

日本語版という部分では、Basho R1/Alpha 1というOSがあったのですが、現在ロゴの関係などでダウンロードができなくしているようです。自分としてはBasho R1/Alpha 1を使ってみたいですね。また、HAIKU自体の配布元は外国ですが、表示、入力などの日本語仕様も比較的容易に行えるようになっています。

それにインストールをした後の起動や動作などがとにかく軽快です。

HAIKU公式サイト(英語サイト)
JPBE.net(BeOS総合日本語公式サイト)
HAIKU日本語化情報

デメリットとしては主にFLASHの対応ができていないので、FLASHを使用するサイトが見れないことやフォントなどもインストールしないとデフォルトの日本語フォントでは若干文字化けなどの問題が発生する可能性があります。

LOOX U50XNにインストールした際の特有の問題としては、ネットワーク設定がDHCPだと場合によってはルーターからうまくIPを取得できずにStaticにて設定を行い、適用後に再起動の必要がありました。メモ帳などにて動作させるには十分ではないかと思います。

HAIKUは結構通常のLINUXよりかも設定などは難しいかもしれませんので、知識の部分では自分もまだまだですが、ある程度の知識がないと厳しいかもしれません。

これとは別に深い意味とかはないのですし、PC-BSDもあるのですが、あえてFreeBSDをデスクトップとして使えるのか検証してみようかと思います。FreeBSDを理解しておけば、ある意味古いパソコンでも使用ができますので、便利なのではないかと。

そういえばJarisが何かあったようで配付をやめてしまっていますので、ダウンロードができなくなってしまいました。Q&A等の一部情報としては著作権問題と言われているようですが・・・Windowsのソフトが動作する機能とかを省いた形で公開してくれないかなあっと思っていたり・・・それなら問題なさそうな気もしますが・・・

自分はJarisでWindowsソフトを動作させたことがないし、OpenSolarisでネットワークが「接続→未接続→接続」を繰り返している状態で、うまく動作しなかった時に良くJarisにしたら解決したこともありますので、ある意味選択肢としていたのですが、使用ができなくなってしまい、残念ですね。

まあこんな感じです。

6月 5日金曜日: OpenSolaris 2009/06公開

カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
先日、OpenSolarisの2009年6月版が公開されましたので、近日中にHP2133などへ試験をしてみようと思います。ただ、OpenSolarisの場合はJarisの様にどこかにDVDの再生方法とFlashプラグインなどの記載があれば良いのですが…

あくまでも予測ですが、「OpenSolaris 2008.11の新機能」というページを発見しました。それによるとなんかレポジトリの説明には「extraリポジトリは、sun.com でホストされている新しいリポジトリで、ライセンスのため再頒布できないソフトウェアを提供します。」とありますので、これを何とか知れば出来る可能性があるのではないかと模索してみることにします。

下記該当ホームページに関するお知らせです。

・UCEFSNS、一部ホームページ以外のページ
 satlab-gineiden.com
 (メールサーバー含む)

・全部のページ
 soulline.net
 satlab.net

サーバーが2009年6月4日~6月5日におきまして、IPが変更となり、一時停止をしておりましたので、お知らせ致します。なお、現在はIPアドレスの自動更新ソフトを導入しましたので、現在は正常に動作しておりますので、お知らせ致します。

まあこんな感じです。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
さて、先日から色々試しているSolarisですが、例えば
UbuntuなどのDebian系統でよく使われているapt-getの
ソースなどの変わりとしてどうやら今まで使ってきた
「pkg-get」というものを使い、それのGUIバージョンが
「IPSレポジトリ」というものなのでしょうか。

この辺にちょっと戸惑っているので、理解にはもう少し
時間がかかるかもしれません。

・ThinkITで説明されています。
・IPSレポジトリに関する説明

こ、これはなかなかの発見かもしれませんね・・・
ほほう・・・なるほど・・・近いうちに試してみようと思います。

これをやっておけばなんかパッケージインストーラーで楽に
ソフトのインストールが出来るみたいですね。まあ仕方がない
ことですが、Solarisに関する情報も比較的少ないですし、
方法も様々な方法が公開されていますが、果たしてこれでよい
のかどうかという疑問符が付く結果になってしまっている
かも・・・

ある意味、これは初めての人はまず本をじっくり読むべきで
なのでしょう。ただ、本の内容も比較的古いか、こうすれば
出来ます的なマニュアルチックなものが多いですね・・・まあ
これは仕方がないことですが・・・公式サイトでは役立つ情報が
結構ありそうなので、じっくり読めば良いのかもしれませんね。

そういえば、MS1013にSolarisとOpenSolarisをインストール
してみました。結果を言いますと、両方共に順調に動作は
しますが、なぜかOpenSolarisはジージージーと常に雑音と
いうかノイズに近いような音が鳴りっぱなしです。ヘッド
フォンを付けると余計にわかります。Solaris10では認め
られないので、なんか独特な現象とも言うべきでしょうか。

ちなみに現在はUbuntuにしていますが、なんかSolarisの
あのデスクトップ画面にはなぜか何かと惹かれるものが
ありますよね・・・まあSolarisに戻して上記IPSレポジトリを
試してみようかと思います。

まあこんな感じです。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
今日は、先日より使用しているSolaris10のフリーパッケージの
インストール方法について掲載します。とくにx86版の方の
パッケージに関するインストールに方法の情報が余りにもない・・・
いやー情報をあちこち探しました。

始めに「ブログってもしかたない」さんのBLOGに掲載された方法

みたところ、「データストリームを処理できない」とエラーが
起こって怒られました。

この方法はx86バージョンではなかったのではないかと思い、
wgetしてみるもねえよっと言われてしまった。おかしいなあと
思いつつBlastwave公式サイトに行くとインストール方法が
掲載されていたので、インストールを行なうことで成功しました。

なんか方法が変わっているのかどうかも知りませんが、
とりあえずはパッケージのインストールが出来るように
なりました。

方法としてはバージョンによって違いますが、
・Sparcの場合は、

・x86の場合は、


実行後に次のコマンドを実行します。




あとは必要に応じて公式サイトのメニューにある「HOWTO Use
Blastwave」を参考にしながら設定等を行ないましょう。

パッケージのインストールは公式サイトのメニューにあるの
「Software List」から選択して、次の通りコマンドを打ち
込みます。

ここまで来るまで相当時間がかかりましたね。
やはり情報が少ないというか、もうちょっと何とかならないカテゴリー
保存

かなと・・・

<参考サイト>
Blastwave公式サイト
ブログってもしかたないさんのBLOG

そろそろLINUXの使用日記のカテゴリ名ではいかんのではないか
ということで昨日、UNIX使用日記のカテゴリを新たに新設しま
した。まあ今のところはSolaris、ソラリス系統ですが・・・
まあこんな感じです。

2月23日月曜日: DVD再生は一応成功。

カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
Solaris10でのDVD再生は一応成功しました。
MplayerをインストールすればなんとDVDがきちんと
みれてしまう強者でした。まあカクカク状態でしたが、
注意の部分に解決方法が参考サイトで発見できました
ので、掲載しておくことにします。

起動は以下の通りですね。
/etc/opt/csw/mplayer dvd://
/etc/opt/csw/xine dvd://
/etc/opt/csw/vlc /cdrom/cdrom0
/etc/opt/csw/ogle /cdrom/cdrom0

ちなみにまともにみれたのはMplayerだけでした。
情報が少ないので、やはりデスクトップの用途で
一般の状況であれば素直にJarisを使っていれば
よいのではないかと・・・

 動画がカクカクする場合はなんかドライブのDMAが
Solaris10だと無効になるそうですので、以下を
確認してくださいとのこと。


 atapi-cd-dma-enabled=0
 もし、atapi-cd-dma-enabled が0の場合は以下の
 方法で有効にして下さい。

 再度有効になっていることを確認しましょう。

 atapi-cd-dma-enabled=1

再起動します。
基本的には以上で直るそうです。

これで直っていない場合はもうわかりません(苦)

<参考サイト>
no solaris...nolife! Life with Solarisさんのページ

という訳でやはり自分個人としてはSolaris10はデスク
トップ用途ではなく、サーバー用途での使用をお奨め
かもしれませんね。デスクトップ用途なら比較的
JarisかOpenSolarisがあっているのかもしれません。

当然、AtokやStarSuite8は入っていませんが、
OpenOfficeなどが使用出来ませすので、こだわら
なければよいかと・・・

まあこんな感じです。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
SolarisはデフォルトでStarSuite8(オフィスソフト)+ATOK
が入っている事が最大の利点ではないかと思います。また、
Flashも入っていますので、余計なことをせずにニコニコ動画
なども閲覧が可能です。JarisにももちろんFlashはデフォルト
で搭載しています。ただ、OpenSolaris本家には搭載されてい
ません。

自分が実際に使用してみて思ったのは、LinuxやWindowsを使用
している場合には戸惑うことがいくつかありました。ただ、
動作自体は一度起動をすると非常に安定しますので、独特な
特性はあるかと感じますが、自分は結構気に入りました。

実際に戸惑う事や注意が予測される点は次の通りかと思います。
・特にOpenSolaris系OSから本家Solaris10にする場合
 JarisやOpenSolarisなどをインストールした後にやはり本家
にしようということで、新たにSolaris10をインストールする
場合には出来るならKnoppixなどのCD起動が可能なOSにてパー
ティーションをFAT32などに割り振り直しておくと良いかもしれ
ません。
 実際に自分の環境でOpenSolarisをインストールし、その後に
OpenSolarisがベースになっているJarisの新規インストールは
そのままパーティーションを切り直すことですぐに成功しまし
たが、Solaris本家のインストール時になぜかHDDがマウントで
きないので、インストールが出来ないですとエラーが発生し、
インストールが出来ませんでしたので、同じような場面に遭遇
された場合には一度KnoppixなどのCD起動が可能なOSにてFAT32
などにパーティーションを切り直してインストールを実施して
みてください。(確認した環境:LooxU50XN)

・OSやソフトの起動
 OSの起動は結構時間がかかります。自分の環境ではWindows、
Linuxよりも意外とと時間がかかっていますので、素早い起動は
期待しない方が良いと思います。ソフトの起動に関してはまあ
まあといった感じではないでしょうか。ただ、起動時は比較的
画面は何かと表示が切り替わるので、安心ができます。一度
起動をすると、安定した動作が望めましたので、むしろ起動を
しっかり行なう為に遅くなっているのだろうと割り切って
います。他に早くする方法もあるかもしれませんが、情報が
少ないのでなかなかうまくいっていません。

・ユーザーを作成する事を忘れずに。
 Solaris10をインストール終了直後は実はRootでしかログイン
できません。ただ、Rootだと何でも出来てしまいますので、
出来る限り早急にユーザーを作成しておきましょう。

(1)ユーザーグループ作成

(2)ユーザー作成

(3)ユーザーのパスワード作成


(参考サイト)
 UNIXな生活さん

・アップデート時に不安になる。
 アップデート時にはステータスなどが比較的簡易的なもの
ですので、HDDのアクセスが止まったりすると、システム自体が
止まったのではないかと不安になりますが、実際には待って
いれば先に進みますので、とにかく気長に待つことではないか
と思います。むしろ放っておけば勝手に終わっている場合も
多いです。あとはアップデートに失敗する項目がたまにあり
ますので、その場合は確認が必要かもしれません。

・OSのシャットダウン
 シャットダウンは同じ画面から先に進まない場合もあり、
フリーズしたのではないかと不安になう場面にも遭遇するかと
思いますが、実際にはシャットダウンを行なっていますので、
気長に待つのが得策かと思います。ただ、自分の環境では
まずフリーズすることはありませんが、フリーズと見分けが
付きにくい場合も多いので注意が必要かもしれません。

今回は少し長くなりました・・・
コマンド以外の基本的な部分はLinuxと殆ど大差がなさそう
ですし、Solarisは使えるようになれば結構お奨めできるの
かもしれません。案外、Office+Atok程度しか使いそうに
ない、官公庁の部署などにはクライアントとして使用する
のも良いかもしれませんね。経費がどの程度かかると・・・orz
それは知りません(苦)
まあこんな感じです。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
昨日、偶然Solarisの事について色々調べていたところ、
Jarisというものを発見しました。ホームページの説明に
よると、Jarisは、Open Solarisを使って構築されたUNIX
配布物で、Japanese Solarisの意味を込めた名前とのこと
です。

用意されているバージョンは主に2種類でDVD版とUSB版が
あります。早速、DVDバージョンのダウンロードを行なって、
インストールを行なってみましたが、LooxU50XNでは快適に
動作します。また、FlashPluginなどもデフォルトで搭載
されていますので、Linuxで例えると、どちらかと言えば
Ubuntuの方がOpenSolarisで、LinuxMintの方がJarisという
感覚で良いのではないでしょうか。

ただし、原因はわかりませんが、2台にインストールして
みると、起動後は非常に快適に動作しますが、OpenSolaris
もそうですが、Jarisの場合は特に起動とシャットダウンに
相当の時間がかかる事が欠点ではないかと思います。

サーバー用途であれば確かに起動、再起動はほとんど
せずに常時起動が当たり前ですが、デスクトップにとって
は比較的起動、シャットダウンを行なう訳ですし、
持ち運びをしたときにも起動、シャットダウンが遅いと
やはり選択肢から外れてしまうのも現状ではないかと
思います。

あとは出来ればPostfixなどもパッケージリストに追加
してくださると非常に助かると思います。アップデートは
どうするんだろうと素朴な疑問もありますが、まあ
その辺はそのうちわかってくるのであろうかと思います。

確かに起動後は安定した動作が望めるので、良いと
思いますが、起動、シャットダウンなどに時間がかかる
のはちょっと残念ですね。

今後に期待が持てるOSではないかと思います。

・JARIS公式サイト

まあこんな感じです。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
実はSolarisはUNIX系統のOSです。正確にいえば、日記の
カテゴリが「LINUX使用日記」になっていますが、UNIX系統の
OSをある程度使用できるまではしばらくこのままでいこうと
思っています。

(2008年2月21日にUnix使用日記のカテゴリを作成しました。)

よくLINUXとUNIXをごちゃ混ぜにして間違える雑誌や本が
ありますが、やはり細かい話になるかもしれませんが、
自分はUNIXとLINUXはきちんとしておく必要がアルのでは
ないかと思います。

ただ、カテゴリ名だけは上記の理由によりご勘弁ください。

先日インストールしたOpenSolarisですが、比較的人気の
Ubuntu、Debian、SUSE、FedoraなどのLinux系統のOSを使用
してきた場合にはUNIX系統のOSについてはコマンドの違いや、
フォルダ構造の違いなど戸惑う部分が非常に多くあるのでは
ないかと思います。

ただUNIX系統のOSになれると案外それが良かったりするの
かもしれませんね。また、OS自体が軽量なのかもしれません。

OpenSolarisではFlashPlayerPluginが入っていませんので、
デフォルトの状態でFirefoxにてニコニコ動画などが閲覧
できません。そこで、FlashPlayer10をインストールすれば
みれますが、Solaris用は今日の時点では9が最新で10が
ベータ版として登場している状態です。

まず、FlashPlayer10Pluginを下記アドレスより入手して
自分の「ホーム・フォルダ」に解凍します。その際はダウン
ロードするバージョンはDownload Plugin for Solaris-x86と
なりますので、注意してましょう。

・入手先
http://labs.adobe.com/downloads/flashplayer10.html

コマンドで解凍する場合は「ホーム・フォルダ」にダウン
ロードをして下記コマンドを実行するだけですが、この場合
はGUIで解凍した方が楽ではないでしょうか。

・解凍するためのコマンド
$ bzcat flashplayer10_install_solaris_x86_092608.tar.bz2 |tar xf -

インストールは次の通りです。ただし、下記方法においては
あくまでもFirefox3でFlashPlayer10Pluginを使用することに
限定されますので、注意が必要です。

・フォルダー移動
$ cd flashplayer10_install_solaris_x86_092608
・中身を一応確認しましょう。
$ ls
 libflashplayer.so
・上記の1ファイルをFirefoxで使用できるようにします。
$ pfexec cp libflashplayer.so /usr/lib/firefox/plugins/

以上でとりあえずは完成です。

OpenSolarisインストール後にSolarisをインストールしよう
とするとなぜかHDDの領域が確保できないのでインストールが
出来ないですぞとエラーが出て怒られますすが、これは自分
が何か間違ったことをしているのだろうか。良くわかりません。
失敗する度になんかイライラしてきて挙げ句の果てにはパソコン
をあやゆく投げそうになりますが、とりあえずは訳がわから
なくなるよりかは基本とも言うべきものを学ぶため、
OpenSolarisを使っていくことにします。

さっき気づきましたが、なんかLOOXU50XNの場合にはシャット
ダウンがうまくいかない時があるみたいです・・・まあ確かに
デバイスに関してはまだまだ対応が難しい部分もあるようです
ので、もう少し使用して様子を見ることにします。

・参考ブログ
OpenSolaris 2008.11 Flashプラグインをインストール

最近精神的にお疲れ気味でいまいち元気がないSatlabでした。
カテゴリ: Unixの使用日記
投稿者: satlab
さて、バレンタインデーも終わり、気温もいよいよ暖かくなり
ました。普段であれば2月は非常に寒いという認識がありま
すが、今年は比較的暖かいですね。やはり地球温暖化が
進行しているのではないでしょうか。

昨日はなぜか散歩をしたい気分になり、風景を眺めながら
散歩しました。まあ実際には考え事を色々していましたが、
その足で本屋へ行きました。久々の散歩は悪くないですね。
さて、その本屋で偶然Solarisという本を見つけました。

そういえば昔、Solaris10がフリーダウンロードになったときに
あこがれて、偶然雑誌を購入しインストールを行なっては
みたものの、LANの認識に失敗したので、そのまま放置して
いたことになっていた事を思い出しました。自宅に帰り、早速
ホームページを見てみると、Solaris10とOpenSolarisの2種類が
ありました。

少し読んでみましたが、例として例えるとSuse Linuxのライ
センス形態に似ているような感じで、SUSE Linux Enterprise
DesktopとOpen Suseといったみたいですね。

という訳で、とりあえずはOpenSolarisをインストールしてみて、
その後でSolarisを導入してみることにしようともおもったの
ですが、もう別にOpenSolarisで充分そうですね。自分が今回
一応検証としてLOOX U50XNということにしました。OpenSolaris
はLiveCDで起動してみて動作を確認できますので、検証が
比較的しやすく、良いと思います。

Solarisのダウンロードはこちらから!

まあもともとUbuntuにして使っていましたが、タッチスクリーン
も調子がよろしくないし、指紋認証も使えない状況が継続して
おりましたので、OpenSolarisを思い切って導入しようと思っ
ちゃいました。

※久々に画像を掲載しました。何ヶ月ぶりでしょうね。
OpenSolaris in LooxU50XN

結果は画像通りにOKでした。もちろんですが、タッチスクリーン
や指紋認証はあきらめてください。LANやサウンドは正常です。

なんかやけにぶっきらぼうなSatlabでした。