SatlabWebsiteBlog

HOI2(Hearts of Iron Ⅱ)の動作と日本語化について

Windows10での起動について

比較的不安になる項目としてWindows10で動作するのかという不安があったりしますが、主にHOI2 DH、AODなどは正確にはWindows10には非対応のゲームです。ただ、起動とプレイを行うことは可能です。この方法を行うことでサイバーフロスト版(日本語版)でも起動を行うことは可能でしたが全環境で動作する保証はできませんので注意が必要です。方法はいかに一応記載しますが、これで動作しない場合には諦めが必要です。

セキュリティーソフトに注意

セキュリティーソフトによってはウイルスと認識する場合や書き込みを勝手に禁止してしまったりする場合もあります。自分の環境ではComodo Internet Security(CIS)、マカフィーリブセーフにおいてブロックされたり、勝手にファイルを消されたりしましたので合いませんでした。

※2017年12月15日追記

Comodo Internet Security(CIS)に関してはHOI2のインストール後にCISをインストールした上で仮想実行を解除すれば問題なく使用が可能でした。

主な方法(下準備)

  • あらかじめnocdパッチが必要になりますので探しましょう。
  • Steamの場合はSteamをインストールします。
    (Program File以外の場所にしましょう。)
  • HOI2などをインストールします。

設定を行います

  • フォルダオプション設定
    スタートを右クリック → コントロールパネル
    ※デスクトップのカスタマイズにあるフォルダオプションを選択
    ・登録されている拡張子は表示しない(チェックOFF)
    ・保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)(チェックON)
  • Direct Play機能のオン
    スタートを右クリック → コントロールパネル
    ※プログラムと機能にあるWindowsの機能の有効化または無効化を選択
    ・レガシーコンポーネント(チェックON)
    ・Direct Play(チェックON)
  • 実行ファイルのプロパティ設定
    ・Darkest Hour.exe を右クリックしてプロパティを選択。
    ・互換性のタブで互換モードの設定をする。
    このプログラムを実行(チェックON)
    WindowsXP(SP3)を選択(Windows7でも可、おまかせ)
    カラーモードを制限する(チェックON)
    16ビットカラーを選択
    管理者としてプログラムを実行(チェックON)
  • PC環境によっては動作しないケースがあるので必要に応じて、高DPI設定では画面のスケーリングを無効にしたり、ウィンドウモード設定を設定したりする必要があります。
※2017年12月15日追記

互換性の実行に関してはWindows7よりもWindowsXP(SP3)の方が不具合も少なく、動作も軽減されるようです。

これでも動作しない場合は自力で解決していく必要があります。主にHOI2情報が掲載されているWikiに記載がありますので確認をしてみるのも良いと思います。Windows7の場合はDirectPlayをOnにする必要はなく、他の項目だけの設定で動作しました。