タグ別アーカイブ: キャノン

Canon PowerShot S3 IS

使用カメラの紹介(PowerShot S3 IS)

Canon PowerShot S3 ISについて

最近は出かけたりすることも少ないので撮影する機会に恵まれていませんが、出かけた際に実際に撮影して公開している写真素材はすべてCanon PowerShot S3 ISで撮影した物になります。発売開始は2006年4月27日とかなり古いデジカメではありますが、単3乾電池4本で駆動が可能なのでいざというときでも撮影が行うことができるメリットなどがありましたので購入しました。価格は中古で6000円程度でしたが前のユーザー様の状態が良かったのでとても綺麗です。主な仕様に関しては下記に記載したいと思います。

主な仕様

Canon PowerShot S3 IS

Canon PowerShot S3 IS

  • カメラ部有効画素数
    約600万画素
  • 撮像素子
    1/2.5型CCD、総画素数約620万画素
  • レンズ
    焦点距離(35mmフィルム換算):6.0(W)-72.0mm(T)[36(W)-432mm(T)]
    F値:F2.7(W)-3.5(T)
    構成枚数:9群11枚(非球面レンズ1枚)
    撮影距離(レンズ先端より) :通常撮影:50(W)/90(T)cm~∞
    マクロ撮影:10~50cm(W)
    スーパーマクロ撮影:0~10cm(W)
    マクロ時最大撮影範囲:22×16mm(W)
  • デジタルズーム
    約4.0倍(光学ズームと合わせて最大約48倍)

主にMediaPad M1 8.0との併用で…

しっかりとした撮影が可能…

有効画素数が600万画素と確かに低めではありますがしっかりとした写真撮影が可能です。ただ、筐体が大きいという事もありますので旅行や行楽地へ遊びに行くとき程度しか使用する事が難しいのでそれ以外の普段撮影している写真などは比較的MediaPad M1 8.0などのタブレットやスマートフォンなどの端末で撮影する場合も多くあります。

それでもなかなか綺麗な写真撮影が可能ですが、やはりデジカメの暖かさ的な部分が出ずに比較的シャープがかかっている写真になってしまっている感じが否めない様に思えます。ただ、掲載時には撮影手段にかかわらず写真を縮尺する程度といった加工しかしていません。

MediaPad M1 8.0との併用について…

MediaPad M1 8.0で撮影した写真は有効画素500万画素でもありますので小さめの文字などの判別が難しい場合が多いですが、場所などを紹介したりするのには比較的問題がないように思えます。本当はデジカメを普段から持ち歩きたいのですが、やはり大きめの筐体を首からぶら下げて歩いているとやはり怪しいおじさんに見えてしまいますので仕方がないですね・・・

今回は写真素材を撮影しているデジカメ(一部タブレット含む)について紹介いたしました。