タグ別アーカイブ: 紹介

Sony Tablet P(SGPT211JP)

Android 4.0.3で出来る限り活用する…

Sony Tablet P(SGPT211JP)を使用中

風邪などの体調不良も徐々に以前より回復傾向にありますのであまり無理をしないで頑張っていきたいと思います。さて、Yogabook with Windowsを使用中ではありますが、移動中など気軽に移動する際に主に使用しているのがSony Tablet P(SGPT211JP)です。こちらもYogabook with Windowsの様に比較的しっかりとしたキーボードで入力をする事ができますので現在でも重宝しています。

こちらには3G搭載モデルとWifiモデルとが存在しますが、自分は3Gも使用できる機種(SGPT211JP)でOCNモバイルONEにて使用しています。

Android 4.0.3

発売当初はAndroid3にて発売がなされ、後にSonyの公式でAndroid 4.0.3へのアップグレードが行われた機種ですが、公式ではすでにAndroid 4.0.3へのアップグレード自体も打ち切ってしまったので新品で発売されているものについては4.0.3でもない可能性がありますので注意が必要です。今回は主に使用が出来る、出来ないなどといった情報も含めて掲載したいと思います。

主に使用ができたアプリ

Facebook関連

公式で提供しているFacebookのアプリは問題なく使用をする事ができます。1画面で使用が可能ですので便利です。また、Facebook Liteは使用は出来ますがインターフェイスなどの画面が比較的小さくなってしまったりしますのでそういう事が嫌なのであれば通常版をおすすめします。

WordPressアプリ

公式で提供しているWordpressアプリは設定を行うことで問題なく見たり使用、更新もする事ができました。あらかじめ設定は要りますが問題はなく使用できるのは嬉しいですね。

Youtubeアプリについて

以前は公式が対応して2画面に分けられた素晴らしいインターフェイスのYoutubeアプリでしたが、現在は閲覧に関しては普通に問題なく見れますが、検索をするとネットワークに問題が発生しましたという表示で検索なども出来ない状況になってしまっている状況となっています。

仕方がない状況でしたのでYoutubeの比較的バージョンがアップされているApkファイルを配布されているページなどでダウンロードし、あらかじめ設定のセキュリティーでアプリのインストールを了承した上でインストールをすれば一応検索なども出来るようにはなりました。

ただ、再生画面が1画面で1/3程度で表示させるか2画面を使用した全画面での表示にさせるかでしか見る事ができない状況ですし、セキュリティー関連に関しても導入時には権限の確認などの配慮が必要です。

注意が必要なアプリ

ブラウザ全般

  • 搭載ブラウザ
    非対応のページが徐々にではありますが増えてきました。
  • Chrome
    2画面を使用した全画面しか使用することができません。
  • Opera
    1画面での使用は可能ですが、Yahooのトップページではこのブラウザは対象外という文字が表示されます。
  • Firefox
    1画面で問題なく使用する事が可能です。
  • Yahoo専用ブラウザ関連
    SSLの関係でサービス停止となり、表示不可との事でした。

※いずれにしてもOperaかFirefoxで頑張るしか無くなってきている様に思えます。

主に使用ができないアプリ

Twitter

別のアプリで代用可能ですが、公式のアプリだと起動するとすぐにプログラムに関するエラーが表示されてしまって起動をする事もできませんでした。

Instagram(インスタグラム)

Twitter同様にアプリがすぐにエラー表示がなされてしまい、起動する事もできない状況に陥ってしまいます。代用アプリも特に見当たらないのでほぼ出来ないと考えたほうが良いかと思います。

諦めるサービス

Hulu

公式のアプリも全て非対応という事で、以前はブラウザなどでも見れたようですが現在では見る方法は無い様に思えますので諦めが必要ではないかと思います。

ニコニコ動画

Huluと同じく公式アプリも非対応ですのでほぼ諦めの状況ではないかと思います。ブラウザであれば見れる可能性もありますが、基本的には実用的では無いかと思いますので諦めが必要ではないかと思います。

とりあえず必要最低限に使用できるアプリなどでしばらく対応していきたいと思います…

MAC BOOK PRO

使用中のノートパソコン

メインで使用しているノートパソコン

  • ソニータブレットP ・Sony Tablet P
    ソニータブレットP

    ソニータブレットPの3G対応モデルです。

    今まではWindowsの環境にて使用しておりましたが、起動時間などに時間がかかったりすることもあり、移動時に使用するメイン機を思い切ってAndroid環境へ変更しました。機種はDocomoのSIMを挿して使用が可能なSGPT211JP/Sで、中古で購入はしましたが保証書もしっかり付いていますので比較的安心ができます。Windows搭載ノートパソコンの使用は主に自宅でホームページ作成の専用パソコンとして余分なソフトをインストールせずに使用しています。回線は主にOCN モバイル エントリー d LTEプランを使用しています。

サブパソコン

  • ヒューレット・パッカードのHP2140 ・HP2140
    HP2140

    メタル筐体のHP2140です。

    購入当時、バッテリー駆動時間も比較的長く、HP2133のバッテリーとの互換性も確認されたこともあり、2009年のGENOクリスマスセール(福袋的なセール)にて購入しました。サブパソコンとして使用する以前はしばらく動画再生などの専用機として使用したり、主にホームページ作成などの環境での使用をしていました。現在は震災時などいざという場合にサブ機として使用ができるように環境を調整しながら使用しています。OSがWindowsXPの為、サポート終了後にWindowsVistaへアップグレードをさせる予定となっています。

会社での使用パソコン

UL20A

ロングバッテリーが特徴的でもあるUL20Aです。

・ASUS(アスース)UL20A ・ASUS UL20A
震災前より駆動時間を重視していた点やOSが購入時の最新版でもあるWindows7 64ビット版という事もあり購入しました。現在は自宅ではなく会社での専用機として使用をしていますが、震災などの影響を受けた際でも情報収集などを行えるようにしています。また、Windows7以外にも簡易OSも搭載していますのでいざというときの簡易起動などにはそちらで対応できる場合もあるのではないかと考えました。

  • MS1013 ・Satlab 64bitNote
    MS1013

    当時としてはグラフィックチップも搭載しているパソコンです。

    CPUが一応64ビットマシンでATIのX200チップセットを搭載しています。リカバリの方式がLibrettoL5などと一緒のDisk to Diskでの方式なので、そこそこ良いスペックではありますが、HDDなどの故障の際の事を考えると残念です。現在はOSもVISTAへ変更を行い、主に会社でFAXなどの送受信や地震などの感知した際になるソフトなどを導入した上で使用しています。

  • Gateway EC3800-31K
    EC3800

    シングルコアでもワイド液晶が特徴のEC3800です。

    高い機動性と長時間使用をメインとしたノートパソコンです。調整中のノートパソコンと交代で主に会社でのホームページ作成などに使用を開始しました。予定ではマックブックプロに再度なる予定ではありますが、もしかするとこのまま使用する可能性もありますので流動的な使用方法になっています。また、ワイド液晶などの特徴もありますので、このまま使用する可能性が高いです。

調整中のノートパソコン

  • マックブックプロ ・MacBookPro(Intel)
    MAC BOOK PRO

    MAC BOOK PRO(マックブックプロ)はHDDを換装。使用用途は検討中です。

    以前はマッキントッシュの環境で使用する際に使用をしていましたが、MACMINIを新たに自宅でも導入をしましたので、ノートパソコンで使用する必要が極端に減ってしまいました。また、移動時にも持ち運ぶ環境をSony Tablet PなどのAndroidを中心とした環境に変化しましたので、現在は会社でホームページの製作などの用途として使用する事も検討しておりますが、HDDを1TBに変更しましたので用途を再検討中です。保証も一応アップルが提供しているケアプランに入りましたので3年となっています。現在、動作などの関係でリカバリ作業を行う予定となっています。

譲渡ノートパソコン

  • DELL VOSTRO1000
    Vostro1000はSatlabHP(デスクトップ)に変わり、現在使用しています。主に会社宿泊時のEMONEによるウェブ閲覧などを目的とし、一時期Ubuntuでしたが、WindowsXPに戻しました。その後、会社でメールの受信機としてUbuntuがインストールされや上で使用中です。
  • Aspire One
    予約して購入したノートパソコンです。WindowsXPとCPUにはAtomを採用し、作り的にも結構良いです。ただし、リカバリディスクが作成できないのは残念でなりませんね。自分はTuneImage2などでリカバリ領域をバックアップをしています。兄弟にプレゼントしました。
  • NEC LaVie J LJ700/MH(PC-LJ700MH)
    NECのデュアルコアノートです。本当はLinux専用機にしようと思っていたのですが、ATOKがデフォルトで搭載されているなど、利用するのに非常に便利な状態であったので、そのままVISTAで使用していました。とある祝い事がありましたので、プレゼントとして譲渡。

予備機

  • HP2133ハイスペックバージョン
    AspireOneよりもHP2133の方がマウスやキーボードなども使いやすく快適と言うことで思い切って購入してしまいました。リカバリディスクは購入でき、ラージバッテリも購入することができます。現在は親が使用しています。
  • Loox U50XN
    完全なモバイル機。寝るときにつけっぱなしで寝ることができます。データを結構入れていることもあり、指紋認証も搭載していますので、ログインとかは指紋で認証を行わせています。ワンセグや無線LANは全く他のPCでまかなえますので、Linux検証用として使用しています。
  • Prime Note Cartina UM
    3年保証を付けても代金は3万円代後半でLinuxも動作可能と言うこともあり購入しました。現在は予備機として保管しています
  • Satlab DELL C-400
    名機としてその名をとどろかせたといわれているDELL C-400ですが、現在はノートパソコンが壊れた際などの復旧手段として使用しています。一応半分予備機です。
  • Satlab Note3
    じゃんぱらでジャンクで購入したPCです。前に壊されたPCであるSatlab Note2のバッテリ規格と形状が同じであったため、検証してみたところ、ばっちりでした。主にVISTAやLINUXでは動作しないソフトなどを WindwosXPにて動作させています。一応WindowsXPをあまり使う機会がないので予備機。
  • Satlab 工人舎小型ノートパソコン2(SH8KP12A)
    安かったので、主にワンセグ+ネット閲覧機+モバイル持ち運び機として購入。なかなかワンセグの感度も良好+メモリー2GBにすることで動作も快適になりつつあるので、今後もVISTAで使用していこうと思っています。
  • Satlab EeePC
    ASUS発売当初に予約して入手。最初はWindowsXPで使用したものの、なかなか不憫もあり、Ubuntuなどを渡り歩き、最近はXandrosを日本語化して使用しています。
  • タフブックノートCF-M34
    主に野外での使用用途とホームページ作成用として使用していましたが、HP2140などへ移行。もともとジャンク品ですが、HDDとMEMを購入して復旧しています。最初はWindows2000にて使用していましたが、Ubuntu、LinuxMintなどで使用しています。(Linuxではタッチパネルは使用できません。)
  • Satlab Note
    ハイスペックなノートパソコンです。俗にいう「ワンセグ閲覧、ゲームなどのマルチメディア専用」状態です。最近はゲーム以外にも音楽関連でも使い始めています。メモリーも2GBとかなり強化されています。OSはVISTA HOMEPREMIAMです。

故障機

  • Satlab 工人舎小型ノートパソコン(SA1F00A)
    主に持ち運びを主体としたノートパソコンです。EM-ONEでの閲覧や、GPSなどの役割に導入していました。(現時点では不使用。)Libretto の主に代わりとして使用していました。キーボードの操作以外はなかなか快適ですが、マウスユーティリティーがいまいちなので、アンインストールをしました。その後、Mandrivaをインストールし意外と快適なので継続使用中でしたが、2008年6月にメモリーを1GBにし、Ubuntuで動作するもM/Bの故障により停止。
  • Satlab Loox(Loox T5/53W)
    完全にポータブルDVDプレーヤーとして使用し、マザーボードが故障したと思い、そのままにしておりましたが、HAIKUのインストール及びWindowsMEによる駆動を再度確認。奇跡的に回復するも不調が続き、結局動作しなくなり故障と判断。

ベアボーンの利点について

私は一時期ベアボーンでノートパソコンなどを組み立てていました。ベアボーンはメーカーのパソコンとは違い、自分の環境に合わせたパソコンが組み立てられる点では非常に良いと思います。最大の利点はハードディスクやメモリーが故障してもパーツの交換によって修復出来るといった点です。メーカーのパソコンだとパーツ交換以前の問題になる可能性もあるし、特殊ねじなどが周りにあって取れないなどといったこともしばしば。こういった利点などを考えるとベアボーンは良いと思いますね。バッテリーも部品としてある場合も多く、安価なので私も自分使用のパソコンの約半分がベアボーンによる割合です。ハードウェアのアップグレードも簡単に出来ますのでベアボーンか自作が最高ではないでしょうか。

購入終了

とりあえず購入は以上で終了することにしました。これ以上あっても仕方がないですし、必要もなくなりましたので、故障しない限りはこのままの使用でいこうと思います。