仕事もかなり忙しく、なかなかブログなども更新できない状態が続いています。さて、久々にパソコンの話題です。先日、知人のLoox U/G90を軽量化していましたが、再度、OSのインストールに挑戦したが失敗したので手を貸して欲しいということでした。普通にリカバリディスクを使用していれば問題がないはずなんだけどと思いながら話を聞くと、勉強の為、Ubuntuをインストールしたがデバイス認識がおかしいとのこと。せっかく軽量化したのに…

どうしても使ってみたいということなので、とりあえずインストールが出来なくても責任は持たない、Ubuntu系であればなんでも良いということを条件に借りてインストールをしてみました。これから先の事は自分の環境で出来ましたが、他の環境で使用ができるか分かりませんので、自己責任でお願いします。また、今回はちょっと長くなるかと思います。

1.OS
 まず、知人がインストールしたUbuntu10.10を起動してみますとかなり重たい様でしたので、Debianも一度は考えたのですが、Ubuntu系という条件やOSに関してはUbuntu系であれば何でも良いということもあり、理由はともかくマルチメディア系統が最初から導入されていて、以前から動作も比較的軽快に動作していたこともありましたのでとりあえずLinuxMint10を思い切って導入することにしました。

・追記
なお、後日色々と検証してみましたところ、タッチパネルを考えないのであればUbuntu10.04.01 LTSを動作させることが可能です。

BIOS画面で起動を選択した後、直ぐにENTERを押し、F6キーを押してOptionにxforce=vesaを追記して起動します。なお、acpi=offは記載しなくても起動しました。

2.サウンド
 まず、Ubuntu10.10、LinuxMint10では最初から起動音が何度も繰り返し鳴りっ放しの状態でしたので、サウンドから始めました。この症状の可能性としては、Intelのチップセットの認識がおかしいのではないかと思いましたので、音がならない症状を参考にしたことで、その辺を設定することで解決しました。

・設定方法は下記の通りです。
(ファイル名はなんでもOKです。)
・記載内容
options snd-hda-intel enable_msi=0
options snd-hda-intel model=auto
・記述後に保存を行い、PCを再起動すると解決しました。

3.タッチパネル
 タッチパネルはDebianUnstableでGOさんのサイトを参考に、「xinput calibrator」を導入し、解決をしましたが、注意点がいくつかあります。まず、実際に使用する際には設定したときの範囲を超えて、画面端の認識が正常に行えません。また、設定する際はメニューから行うと設定ができない状態でしたので、端末を立ち上げてから、#sudo /bin/sh -c "xinput_calibrator; cat"とコマンドを打ち、設定が行えました。多分ですが、管理者ではない関係で発生した現象である可能性が高いです。

JoytouchやEvtouchもやってみようとは思ったのですが、参考にさせていただきましたDebianUnstableでGOさんのサイトでも言われているとおり、Evtouchは検証しませんでしたが、Joytouchはマルチタップが可能なことが影響しているかどうかはわかりませんが、動作が不安定です。

4.GMA500
 VaioPでUbuntuインストールなどで情報として掲載があるのがIntelGraphicMediaAccelerator500(IntelGMA500)の問題でしたが、Loox U/G90においてもGMA500を搭載していますので、下記コマンドを実行することで成功しました。

・設定方法は下記の通りです。

・追記
GMA500に関する情報について
※もう少し詳細な設定が必要です。この方法でLOOX U/G90でも検証を行なうことができ、従来の解像度での表示ができることが確認できました。(バージョンとしては10.04.01LTS及び10.10が最適の可能性)

5.Webカメラ
 CheeseやSkypeでは認識の問題かは分かりませんが、画面がなぜか90度横向きになってしまいます。また、Cheese自体は残念ながらメニューなどのプルダウンなどがうまくいかず、動作が不安定でしたので実用は難しいかと思います。VaioPでは正常に使用が出来ているとの情報もありますが、可能性としてはGMA500の一件が関連しているのかなあ…よくこの辺は分かりませんでした。

6.その他
・無線LAN関連はインストール時より正常に接続が可能です。
・ハイパネート、サスペンドは正常に動作しているように思えます。ただし、ハイパネートを使用するよりかは通常にシャットダウンと起動をした方が時間的にも早いように思えます。
・メニュー表示などが遅くなることがあります。
・Flashの動画を見る際はさすがにフルスクリーンにするとカクカクした状態になってしまいますが、Seamonkeyをインストールした方が良いと思います。また、LanguagePacksを導入し、設定のAppearanceの項目で日本語にできます。また、Ubuntu10.04.01 LTSなどにすることによってフルスクリーン以外では比較的軽快に再生できる可能性があります。
・ChromeやFirefoxですと少し重たい動作になってしまう可能性があります。
・設定の自動起動するアプリより動作に必要がないと思われる項目のチェックを外すと高速化に繋がる可能性があります。
・時間がかかる場合がありますので、スクリーンセーバーごとにパスワードを要求することを好まない場合には、設定画面で設定ができますので外されると良いと思います。

7.参考サイト
今回、以下のサイトを参考にさせていただきました。Linuxも色々な情報が出てくるようになり、ますます使いやすくなってきているような感じがしますし、このような情報があると本当に助かります。
・OS配布元
 ライブCDの部屋さんのサイト
・サウンド設定関係
 Ubuntu日本語フォーラム
・タッチパネル関係
 DebianUnstableでGOさんのサイト
・GMA500設定関連
 LiberOSさんのサイト
・Seamonkey日本語化
 Seamonkey Language packs

8.画像
Loox U/G90
一応先日言っていたものを作ってみました。右側が今回設定したLOOX U/G90となります。左側の長谷川プロバージョンは自分が勝手に作ったはめ込みですので、当然販売の予定はないですし、多分問い合わせる方もおられないでしょうが、くれぐれもお問い合わせはなさいませんよう、お願いいたします(苦)

話は変わりますが、昨日は仕事後にリーグ戦に行ってきました。調子はそこそこでしたが、昨日のアベレージはかなり上がりました。まだまだ膝が曲がっていなかったり、リリースが引っ張ったりすることもありますので、プッシュアウェイなどに気をつけていこうと思います。
まあこんな感じです。

・追記
パッケージインストールとFlash再生不具合について