CF-M34タフブック

CF-M34タフブックについて

CF-M34タフブックの総合メモ

ここでは主に私が所有して使用しているパソコンの中でタフブックCF-M34についてまとめています。参考にしてもらえればと思います。なお、このページは自分用のメモ代わりとなりますので、試して駄目であっても責任は負いません。

タフブックとの出会い

CF-M34タフブック

CF-M34 ・ジャンク品であったノートパソコン

2007年10月に秋葉原の某店舗をちょうど覗いてみると偶然本体のみのジャンク品としてあり、親友のIkamaru氏が「このPCは軍事用で使用されてたやつじゃないか?」と言われ、米軍が確か使っていたことを思い出し、購入。当然HDDとMEM、ACアダプタがないとの事で、これもジャンクの品物でHDD20GBとMEM256MB、ACアダプタなどを購入しました。自宅に帰り、早速装着したところ動作しました。その後、HDDを40GBとMEM512MB(256MBit)を追加で装着しています。
※このノートパソコンはMIL規格と呼ばれている軍事規格を取得していたり、銃弾による被弾を受けても本体自体は動作をすることが実証されていると言われています。

OSとドライバのインストール

OSのインストール

この機種はWindowsXPまたはWindows2000が可能との事なので、どちらにしようかを考えました。メモリーが512MBが最大と言うこともあり、結局Windows2000にしました。ただし、CF-M34の場合、自分の環境ではWindows2000SP4でないとインストールできませんでした。(Windows2000の初期SP1だとインストール途中で止まります。デフォルトでインストールされているOSがSP3あたりだったと思いますので、止まるのは当然と言えば当然かと思います。)

2ヶ月前くらいにUSB接続マルチドライブとケースを購入していましたので、そちらで対応したところ、特に問題なくインストール画面が起動しました。BIOSのデフォルトでCDブートを選択しています。

デバイスドライバのインストール

デバイスドライバ自体はPanasonicの公式サポートで配布しています。ジャンクパソコンには無線LANがデフォルトでついていましたが、ドライバは配布されておらず、困っていましたが、親友のIkamaru氏が見つけてくださいました。これはボードに記載されている型番などでは検索はできないです。(ちなみにボードに記載されている番号はすべて規格である可能性があります。)

印象など

思ったよりも使いやすく、軽量のソフトなら問題なく動作しています。重量は確かに重たいですが、タフノートとしての無線LANは Windows2000ではアクセスポイントなどの関係がいまいち認識しにくく、XPではデフォルトでデバイスドライバを認識するようですので改善されるとは思いますが確認はしていません。

キーボード、マウス

キーボードは工人舎ノートよりも打ちやすいです。タイピングもA5とは思えないほどです。タッチパネルも装着されていますので、結構な作業をこなせそうです。タッチパットは認識が少しきつめに設定されているのでマウスによる画像編集ソフトなどの微調整などきついかもしれません。(タッチパットも圧式の可能性が濃厚のため、認識が甘いといった感覚なのかもしれません。)

ゲーム

ゲームははっきり言って期待できません。(もともと期待してないですが・・・)特にグラフィック関連が解像度の問題で起動はできないようです。検証したのはサブコマンドでした。最初のムービーは流れたのですが、その先が進みませんでした。

セキュリティ

セキュリティソフトはKingSoftインターネットセキュリティを使用しています。広告が入りますが、使用しやすく案外軽動作で無料ということなので導入しました。Spy-Botの最新のバージョンは非常に動作が重く、実用にいたりませんでした。(驚速パソコンとの兼ね合いの可能性もありますが…)

そこでKingSoftの使用を止め、Microsoft Security Essentialsを使用しています。そこそこ軽い動作などが期待できると判断したためで、特に嫌だからということなどで止めたという理由ではありません。また最近ではALYacなどのソフトもありますので、使用されてみると良いかもしれません。

高速化実験

無駄なWindowsサービス、不要なユーティリティを無効にする

モデムを使わない場合などはそれらのサービスなどを切る事で無駄なメモリー消費を避けることができます。自分は確実に切れるサービスのみを無効にしました。また、普段使用しないデフォルトのユーティリティは削除またはインストールしない事で無駄な機能を動作させないようにしましょう。

驚速パソコン

ユーティリティソフトの驚速パソコンを使用したところ、ある程度の高速化に成功しましたインターネットの速度も上がりました。メモリークリーナーなどはあえてインストールするのはやめています。

検証結果メモ

LinuxMint

動作OK、無線LANなどもデフォルトで認識していますが、Compizは一応動作するものの、実用動作に関しては厳しいかも知れません。その他については異常などはありませんでした。

Ubuntu7.10/8.04

  • 動作OK、、無線LANなどもデフォルトで認識しています。タッチパッドがいまいち使用するのに苦戦する場合があります。(マウス自体は認識していますが、ポインタを動かしたりする際に感じる違和感的なものがある場合があります。)
  • Ubuntu7.10は比較的動作も軽快ですが、Ubuntu8.04になった時点でかなりの動作低下がみられました。当然ながらCompizは一応動作するものの、実用動作に関しては厳しいかも知れません。

Mandriva2008.1 One及びFree

動作はしますが、なぜかいくら設定してもネットにつながりませんでした。もしかするとこの辺を時間をかけて修正していけばなんとかなるかもしれません。

OpenSUSE10.3/11

動作OK、、無線LANなどもデフォルトで認識しています。タッチパッドがいまいち使用するのに苦戦する場合があります。(マウス自体は認識していますが、ポインタを動かしたりする際に感じる違和感的なものがある場合があります。)速度などはまあまあです。デフォルトの解像度が自分の場合800×600だったので、Xorg.confを修正することで解像度アップをさせる必要があるかもしれません。OpenSuse11の場合だとデフォルトで1024×768が使用できます。

PC-BSD

動作OK、無線LANなどもデフォルトで認識しています。音なども正常でOKです。インストール時の解像度設定の分でデフォルトでは「Intel」となっていますが、本来は「Intel-3d」が正しいものになります。ただ、ひどくもたつく感じがしますので、通常は「VESA」でも十分ではないでしょうか。タッチパッドのなかなかいい感じです。

VineLinux

動作OK、基本的な動作は行えます。無線LANなどは認識しませんでした。(BIOSで起動時に電源が入っているようにすればVineLinux起動時に認識すると思います。)DVDなどの再生も一応確認しました。比較的軽快に動作します。

※他にも実際に改造(改良)をされているCF-M34タフブックサイトなどがございます。

最後に・・・

ジャンクであってもかなりの美品でした。タフブックとしての使用方法はある程度限定されてしまいますが、絞り込めればかなり有効に使用することができます。新たな情報があり次第、随時更新していきます。