カテゴリー別アーカイブ: 鳥人間コンテスト関連

鳥人間コンテスト選手権大会に関する情報などに関して掲載しています。以前所属していたチームなどに関する部分も。

明日は鳥人間コンテスト選手権大会の放映日

もうすぐ9月だというのに…

いやー昨日から東京ではまたまた暑い日が続いています…なかなか気温が落ちてはこないですね…今週末頃までは30度を越えるみたいですので熱中症も含めて体調管理をしっかりしていきましょう…っといいつつ自分もなんとなく身体が暑さについていけてない感じはありますのでなんとか体調を整えていきたいと思っています。

明日は鳥人間コンテスト放送日です

今年も鳥人間コンテストが琵琶湖で開催されましたが、台風接近などに伴う強風で途中で中止になってしまったという話がありますのでどういう事になっているのかは気になりますので見たいとは思いますが…

鳥人間コンテスト2018のロゴ

鳥人間コンテスト2018のロゴ

今年の放送日は明日(29日)の午後7時より日テレ系統で放送される予定となっています。今年は色々な放送の中で予告されていたりもしますのでぜひご覧いただければと思います…

私はその日に予定がありまして…

実は放送日の8月29日は水曜日で、毎週水曜日はボウリングのリーグ戦が開催されていて自分も参加をしていますので残念ながらリアルタイムでは見られない予定となっています。なおかつレコーダーなど録画する機器が全くない状態なので自宅では録画する事もできない状態でして…

最終的に…

弟に連絡してみると録画する機器が実家にありましたので、今回もお願いする事になりました。とりあえず放送を録画してもらって後日それを見る事になりました。時間がある時に実際に見に行きたいと思っています。

ノートパソコンの買い替えをする予定です…

最近、断捨離をしましたが古いパソコンを使用していましたのでそのパソコンをついに手放す事を決意しましたが、その変わりに何年も使用する為のノートパソコンを1台購入する事になりました。現在探していますが、なかなかピンとくるものがありませんでしたので困っていましたが、ようやく購入しましたのでその話は次回にでもしたいと思います。

まあこんな感じです。

鳥人間コンテスト30周年DVD

鳥人間コンテスト 30周年記念DVDについて

鳥人間コンテスト選手権大会の歴史をまとめたDVD紹介

30周年DVD  1977年より始まった「鳥人間コンテスト」もついに30周年以上が経過しています。自分が生まれる4年前から行われているコンテストですので、相当長い歴史が存在しています。特にこのDVDは30周年を記念して発売されています。どのようにして鳥人間コンテストが誕生したかなどといった鳥人間コンテストの歴史などを知るのにわかりやすい事もあり、購入しました。まあ自分のチームもでてないかなあ?なんて思ったり。発売が決定した時点で予約しちゃうほど感激でした。ぜひ皆さんも買って見てみましょう。
内容物は意外とシンプルなのにも関わらず外側の箱は華麗に作られているBOXタイプで、内容物はDVD3枚、スペシャルブックス 1冊、金色ステッカー 2006年度版となっています。ちなみに金色ステッカーはワンショルダーバックを購入した時にも付いていました。

簡単な内容と購入先

・DVD

鳥人間コンテスト30周年DVD

鳥人間コンテスト30周年DVD

シンプルなケースに収まっています。DVDの感じは非常に良い感じです。普段の放映は人力プロペラ機優先になりつつありますが、このDVDはあくまで中立的です。非常にこの事はうれしく思います。  そしてなんといっても鳥人間の大先輩達が実際に出演している事です。ただ、鳥人間コンテストの詳細を知らない人が見ると「え?この人どなたでしょう?」といわれてもおかしくはないと思います。しかしながら、非常に努力されて実績を作られておられる方々です。鳥人間コンテストに出場する際は覚えておくと得するかもしれません。
私が出場していたチームは一回、手伝ったチームは4回となかなかでてきませんでした。まあ仕方がないですね。栗野氏がドアップで移った時には「なつかし?」っと思い出に浸ってました。また、鳥人間コンテストのスタートした時の製作コンセプトが全く異なっていた事をはじめて知りましたので、自分も色々勉強になったDVDです。
私が出場していたチームは一回、手伝ったチームは4回となかなかでてきませんでした。まあ仕方がないですね。栗野氏がドアップで移った時には「なつかし~」っと思い出に浸ってました。また、鳥人間コンテストのスタートした時の製作コンセプトが全く異なっていた事をはじめて知りましたので、自分も色々勉強になったDVDです。

・スペシャルブックス

過去の記録や1部放映コメント、ルールなどが書き込まれた本です。チームのメンバー写真もちらほらみうけられます・・・が、RTRや育英の写真は当然ないです。しかし、飛行記録には残っているので非常に参考になる本です。現在はルール変更もありますので、最新のルールをご参考下さい。

ご注意ください

以前はセブンイレブンドットコムでも販売しておりましたが、現在は販売されておりません。特に鳥人間コンテストグッツの通販自体は2006年度以降に行われてはおりません。鳥人間コンテストの番組情報は公式ホームページをご覧ください。

鳥人間コンテストロゴ

人力研年表

人力飛行機研究同好会歴史年表(Satlab在学前)

  • 1995年度
    「鳥人間コンテストに出ないか?」という一言で同好会の設立計画が進行。第1代会長:堀田勲氏就任。顧問:芝沼弘充教授及び渡辺静意教授の同意を得て、人力飛行機研究愛好会が発足。(航空工学科約21名)、他の鳥人間コンテストチームとのコミュニケーションを開始。当時既にSatlabは進路を航空高専にする事を決定。
  • 1996年度
    学生総会の設立案が可決した事により、同好会として学校組織認定される。三菱レーヨン製カーボンパイプ購入。会費は2000~3000円で活動開始。設計主任:平山恵子氏、製作主任:高櫻修平氏就任。航専祭実施(空気力学実験室説明)。
  • 合格発表が終了した当初から既に入学した際に同好会へ入るとの決意を決めていました。

人力飛行機研究同好会歴史年表(Satlab在学中)

  • 1997年度
    ・鳥人間コンテスト書類選考不合格。
    ・航空工学科入学。航専祭実施(空気力学実験室説明)
    ・第2代会長:Satlabが第1代会長より推薦、任命される。
  • 1998年度
    ・鳥人間コンテスト書類選考不合格。第2代会長:Satlab就任。
    ・設計班と製作班対立激化や書類選考不合格などによる原因で当時の3年生がほとんど退会。設計班全員を退任、少人数ということもあり、班制度と主任以外の上下関係の完全廃止。
    ・設計主任:杉村匡洋氏就任。航専祭実行委員会との対立激化。航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示)
  • 1999年度
    ・鳥人間コンテスト書類選考合格、機体製作開始、設計主任と自分との対立激化。パイロット:堀田勲氏就任、製作主任:高櫻修平氏再就任。鳥人間コンテスト初出場達成、三菱レーヨン製カーボンパイプ購入費用全額返済終了(会費500円で活動再開)
    ・航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示、鍋懇親会実施)
  • 2000年度
    鳥人間コンテスト書類選考合格、第3代会長:石倉氏就任、パイロット:鈴木祥高氏就任、設計主任:岩崎氏就任、製作主任:藤原氏就任、顧問:諏訪正典助教授新規就任。
    ・鳥人間コンテスト2年連続出場達成。航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示、鍋懇親会実施)。
  • 2001年度
    ・鳥人間コンテスト書類選考合格、第4代会長:唐木田氏就任、Satlab OBとして参加。鳥人間コンテスト3年連続出場達成。
    ・航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示)。同好会として初めての表彰台、第3位を受賞。
  • 2001年後期、正式な会員ではなくなる。
    ・同年、芝沼教授へ退会届を提出して受理される。
    ・人力飛行機研究同好会の正式な会員ではなくなる。

人力飛行機研究同好会歴史年表(Satlab卒業後)

  • 2002年度
    鳥人間コンテスト書類選考合格、第5代会長:安部氏就任。鳥人間コンテスト4年連続出場達成、設計主任:渡辺氏就任。航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示)。
  • 2003年度
    鳥人間コンテスト書類選考合格、鳥人間コンテスト5年連続出場達成。航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示)。
  • 2004年度
    鳥人間コンテスト書類選考合格、鳥人間コンテスト6年連続出場達成。航専祭実施(空気力学実験室説明、機体展示)。
  • 2005年度度
    鳥人間コンテスト書類選考に向けて作成、鳥人間コンテスト書類選考合格、鳥人間コンテスト7年連続出場達成。
  • 2006年度
    鳥人間コンテスト書類選考に向けて作成、鳥人間コンテスト書類選考合格、鳥人間コンテスト8年連続出場達成。
  • 2007年度
    人力飛行機研究同好会が学生総会の設立案が可決した事により、部として承認される。鳥人間コンテスト書類選考に向けて作成、鳥人間コンテスト書類選考合格。鳥人間コンテスト9年連続出場達成。

2007年度以降の記載は中止しました。

合併などによる情報収集が困難となりましたので、2007年度以降の記録は一切行っておりません。現在、産技高専TeamRTRとして連続出場などを更新しています。

鳥人間コンテストロゴ

高専初の鳥人間フライト(1999)

高専初の鳥人間フライト(1999)

 最終チェック合格をいただいた時に、高専として始めてのフライトの実現と同好会の創設者でもある5年生の方々、様々な面から御協力をしてくださった方々に対して感謝の気持ちで一杯でした。今では当たり前のようになっていますが、初出場の時という事もありますので5年生の方々がデザインをしてくださったRTR特製のオリジナルTシャツ(後ろ部分には校章とその校章を円状に取り囲むTokyo Metropolitan College of Aeronautical Engineeringという文字、袖にがんばれ南千住という文字があった)を着て鳥人間コンテストに望みました。
このオリジナルTシャツの背後部分にある校章とその校章を円状に取り囲むTokyo Metropolitan College of Aeronautical Engineeringという文字は今でも自分の中ではとても印象深い部分が多くあり、評判もなかなか良い部分でもありました。

機体チェックと移動を開始

 初出場という事でもありましたが、とてもお世話になった教授で当時は学生指導室におられた田原正夫教授も急遽応援へ駆けつけてくださり、改めて同好会を支持してくださった教授やその他多くの方々に心より感謝すると共に感動しました。
前日の機体チェックが通過することが無く、当日になった最終の機体チェックに合格しました。ただ、すでにフライトの順番待ちの直前だった事もありましたので、チェックが終了後にすぐにプラットホームへ移動をする様に指示がされました。
初出場の翌年からは移動時に機体を置く支持台や治具などといった道具などが登場するのですが、この時にはまだ全く何も用意をしていない状態だったので、移動するごとに全員で炎天下に機体を支えながらの移動となってしまいました。また、実際にはこの移動時にも様々な細かい作業は継続して行われていました。
炎天下での移動という事もあり、脱水症状にならないように保護者の方々(1部の保護者に関しましては心無い行動もありました)が水分補給など自分達の手の届かない部分で協力をしてくださったりと改めて様々な協力があって実現する出場だという言葉には言い表せない感情がこみ上げていました。

いよいよフライトへ・・・

 機体の移動を指示されて開始してからプラットホーム上でのフライトまで約3時間ほどかかりました。この時にも作業や様々な部分において、旧都立大学(現首都大学東京)MAPPLEのOB長谷川さんに色々とお手伝いをしていただいたりしました。

プラットホームプラットホームに徐々に上がっていき、いよいよフライト前の準備に入ります。機体を大きく旋回させて、機体を持つ人間とパイロットがスタンバイ状態になります。風もじっと待っていましたが、ついにゲートオープンが告げられ旗が赤旗から白旗に変わり、緊張は最高になっていました。

 パイロットが声かけを行います。「3・2・1…スタート」と言った瞬間に機体を持ったメンバーと共に走り出した姿は一生忘れられないものになりました。機体がふわっと浮き、初出場機体は琵琶湖の空を舞いました。パイロットも一生懸命コックピットに入り足をかけようとするも前のめりになり機体を起こそうと必死にがんばり、みんなはプラットホーム最前列に並び応援をしました。

機体が機首をあげようとした時に着水し、フライトの記録も36.17mでしたが、初出場のメンバーや協力してくださった方々、私にとっては感動あるフライトです。私達が作った機体が空を舞った…ついに鳥人間コンテストで全国高専62校の中で高専チームとしては初フライトとなりました。

フライト終了後

フライトが終了して出場への気持ちや感動で涙を流しながら応援席へ機体を回収しに駆け出しました。嬉しかったのと機体に対する感情がそうさせたのかもしれない。応援席では保護者も感動してくださり、おめでとうといい感動のあまり涙を流していました。

着水した機体はボートによって応援席から少し離れた場所へ曳航されてきます。当時、骨組みで使用していたカーボンパイプなどの部分は継続して使用をしていく可能性も高く、保護する必要性もありましたので、曳航されてくる機体を見て「カーボンパイプを守れ。緊急排水して解体だ!」と高櫻先輩が言い、一斉に琵琶湖に服装など関係無しに駆け出して入り、みんなで機体を支えて岸に上げて解体をしてトラックへ積載しました。
その後はみんな疲れを忘れて感動に浸っていました。このとき高櫻氏は14日連続で徹夜を行っていましたし、自分も7日間連続で徹夜をしていたという異様な事態にもかかわらず疲れを忘れ感動に涙しながら旧都立大学(現首都大学東京)MAPPLE OBである長谷川氏、秋本氏のところへ行き、「ありがとうございました」と一斉に言った。

長谷川氏は涙を流してくださり、「よくがんばったね」といってくれました。私は鳥人間コンテストには「チームを越えた助け合う」というこの鳥人間コンテストの良さが改めて実感できました。自分のチームの場所に戻って私はすべてが終わってから涙を流してその格好で琵琶湖の中で全員1人1人の胴上げが行われた。スイカも嬉しさのあまりみんなで投げているほど自分を忘れていた。

このフライトと終了後にみんな感動し泣いていた。私は戻ってきてすべてが終わってから泣きました。すべてが終わり、感動という部分ともっときちんとした状態で飛ばせてあげたかったことなどといった悔しさなど色々な思いがこみあげたことがあるのだと思います。

その後には全国高専初の連続出場記録や後輩が大会第3位の記録、チームの記録更新などを達成したりしながら現在に至っています。また、高専チームも誕生たりと高専でも鳥人間コンテストが少しながら認識され始めているのではないかと思っています。

当時の発展事項として…

 出場までは図面なども手作業が多い部分もありました。この頃からせっかく技術があるのに投入しないのはもったいないという事もあり、CAD技術の導入によってきれいな製図や後輩の代には翼型プロット工程の短期化をさせることに成功したりと技術的な部分で開発されました。ただし、CADに関するメリットとデメリットもあり、効率などの向上には大いに貢献する結果となりましたが、作業が余計に遅れたり、逆に間に合う…といった安心感を招く結果にも繋がってしまったとも考えられます。新しいことも大切ですが、その前に基本的なことはきちんと学んでおくべきではないかと思いました。

評判が良かったキャノピー…

 初出場時に現地にある材料で製作したキャノピー(コックピットを囲う部分)が、遠くからみると鷹の様に見えていて、現地で作ったとは思えないほどに意外とかっこいいという評判があったとフライト終了後に判明しました。今となっては現地にあった材料で良く製作が出来たなあっと思っています・・・

初出場時の機体サポート

・初出場時
パイロット:堀田勲先輩(第1代会長)
右翼:岩崎氏(第2期設計者)
左翼:矢野氏(リブ切り担当)
ブーム:高櫻修平先輩(この機体の製作内容をチームで1番把握していた)

今になって感じていること。

 実はこのフライトレポートや自分自身が述べていることについては今でも賛否両論があるのだと思います。心ない言葉も言われたりしましたが、当時はきちんとした状況での製作などを行うことは残念ながらできませんでしたし、色んな問題もあったように思えます。しかし、自分が自負できる部分は、飛びたいという思いやなぜ飛びたいかという理由はきちんと心の中に持っていたという事ではないかと思います。

自分の代では創設者でもある5年生の方々の卒業するまでの間、書類選考で結果的に落選してしまい、最後の最後で出場ができることでの思い出や感動、高専初の記録を達成したい思い、次年に担当した1年後輩達は記録を更新したい思いは今でも心の中に残っていることではないかと思います。ただ、この思いという部分は何年経ったとしても受け継いで欲しいと思いますし、常に意識の中でなぜ鳥人間コンテストに出場するのかといった明確なコンセプトや目標を持って欲しいと思っています。

しかしながら、どのスポーツ分野にも言えることでもありますが、鳥人間コンテストについても若干のセオリーなどはあったとしても、絶対にこうしなければならないという様な「正解」というものも一切ないと自分は思っていますので、それだけは忘れないで欲しいと思います。

概略などに関しましては鳥人間コンテスト 公式ホームページをご覧ください。

鳥人間コンテストロゴ

旧人力飛行機研究同好会について

旧:人力飛行機研究同好会(略称:人力研、現:人力飛行機研究部)について

現在は都立産業技術高等専門学校(産技高専)にはなっておりますが、旧東京都立航空工業高等専門学校(航空高専)を卒業しています。その在学中に人力飛行機研究同好会というチームに所属させていただき、高専チーム初の初出場(その後連続出場も達成)を果たした経験があります。初出場の時は人力飛行機研究同好会の第2代会長でしたが、5年生の後期にとある理由により、辞表を提出して受理されています。

現在の組織は同好会ではなく、部に昇格して新たな学校での活動となり、その後に色々な社会人チーム(新記録飛行計画BetRecなど)にも参加させていただいた経験があります。

旧人力飛行機研究同好会(現人力飛行機研究部)の歴史

 現在は学校組織としても変更になりましたが、当初は東京都立航空工業高等専門学校 人力飛行機研究同好会として1995年に堀田勲氏や高櫻修平氏をはじめとする航空工学科約20名程が賛同し、当時の方々が入学してから約半年で設立したのが始まりでした。

設立当初は学校組織としての認定がありませんでしたので、愛好会からの始まりとなりました。1996年4月の学生総会にて同好会の設立承認案が可決され、同好会として正式に活動が行えるようになりました。顧問として芝沼弘充教授と渡辺静意教授として設立に至り、活動場所も空気力学実験室という場所を使用できるようになりました。

設立当初は顧問以外の教授、学校組織、保護者の同意がなかなか得られず苦労を重ねながらの活動を余儀なくされていました。機体の重要部分の骨組みでもある三菱レーヨン製のカーボンパイプを160万円するものをOBの方々や一部の賛同教授のご協力をいただきながら、80万円で購入することができました。また、当時顧問でもある芝沼弘充教授、渡辺静意教授が立て替えてくださった事もあり、必死にアルバイトをしながらみんなで返済した経緯があります。
しかしながら、Renew The Record(記録更新)というスローガンを決めて出場を目標とする設立者達はくじけませんでした。その結果、1年目から東京都立大学(現首都大学東京)の鳥人間コンテストチームの「MAPPLE」等のチームとコミュニケーションを行うことによって機体設計方法や制作方法等を教えていただくことができました。

初出場後は高専として連続出場の記録や第3位などの記録を更新し、現在は産技高専 荒川キャンパス での活動を行い、出場を果たしたりと精力的に活動をしています。現在では都立産技高専 荒川キャンパスでの活動が中心となっています。

初出場への挑戦

 同好会の当初から同好会では鳥人間コンテストへの初出場を目指して活動を始め、初出場へ向けての挑戦も始まりました。当初は1997年度大会への出場を目指していましたが、書類選考において不合格という結果に終わりました。理由としては主に都立大学鳥人間コンテストチーム「MAPPLE」の設計図を真似たものであった事も影響していた可能性もありました。

1997年4月に私も入学して同好会へ入らせていただきましたが、当時の組織として制作班と設計班とが完全に分離し、製作現場を知らない人が設計を実際にしていた経緯などもあり、この部分に関しては製作的な環境や技術的な観点から考えると無理が生じる結果を招いてしまう可能性があると考えていました。
最終的に設計班と製作班の間で意見の言い合いが発生したりと対立的な部分なども生じていた事もあり、1998年度大会への出場も書類選考落ちという結果にも終わりました。理由としては主に先尾翼機の神奈川工科大学「カナード」という機体を真似たものだった事も影響していた可能性もありました。

この結果後に1997年の航専祭時に第1代会長:堀田勲氏の推薦を受けて1998年に第2代会長として任命、就任するに至たりました。

同好会の組織改編とフライト本番へ

今だからこそ言えることでもありますが、当時は自分が同好会へ入って1年間過ごしてきたことによって、思っていたことを実際にやってみようと思った事が根幹にありました。その部分というのは設計や製作には上下関係は関係なく、誰もが気軽に意見を言うことが出来る環境を作り、検討も出来る部分もあるし、良い部分は積極的に取り入れていく環境を作るという事でした。
実行するためにはまず班という制度は必要なく、基本的に上下関係もいらないという事を宣言しました。この部分は結果として当然設計班も製作班も解散をさせたりと今思えばかなり強固だった感じも否めませんでしたが、抜本的な事をしなければいつまで経っても同じ結果になる可能性があると思っていましたので、自分は申し訳ないと思いながらも仕方がないと思っていました。

初出場時には設立者の先輩が卒業する最後の年ということもありました。設立者の方々が卒業するまでには必ず鳥人間コンテストへの出場を成し遂げたいという気持ちで設計はしましたが、当然専門的な知識に関しては全くのど素人だった事や綺麗な図面と理論や公式ばかりの設計書類を1999年度の書類選考に提出した経緯もありました。実際に自分は今回も駄目だろうと半ば諦めていました。

結果は「合格」という事でした。製作にはCADという新たな技術を導入したりもしていましたが、完全な準備不足に初出場という事が重なり、製作などもほとんど徹夜の状況が続いていた状況でもありました。本当にありがたい部分でもありますが、卒業する当時5年生の方々にも参加していただき、「絶対に飛ばすんだ!」と必死になって製作を行っていました。自分も家に帰ってシャワーを浴びてまた学校へ行くという事もあったり、連続した徹夜などもしていました。今となっては自慢できる事では当然ありません。

当時は自由な場所取りを行うことが出来ました(翌年度より抽選制になりました)ので、芝沼弘充教授と後輩の渡辺氏は夜行列車(ムーンライトながらで大垣まで行き、乗り換えて彦根まで約9時間程度の旅になった…)に乗って場所取り隊として大会3日前に出発して場所を確保していました。

学校では搬送日となり、搬送を当時後輩だった矢野氏の保護者が仕事関係で搬送費10万円(ドライバー付)という格安の値段で搬送をお願いすることができました。協力をいただきましたことに関しまして感謝の気持ちで一杯です。全てがはじめてという事だったという事もあり、搬送の荷物に関する積み込みも後発隊の出発時間があったので数名が学校に最後まで残って出発しました。積み忘れも沢山あった為、渡辺静意教授が急遽レンタカーを借りて忘れ物と最後の学生達を乗せて出発した経緯がありました。

初出場だったこともありますが、当時は現地の暑さも全く想定していませんでした。なかなか作業も進まず、現地に機体が到着した際にはキャノピー(コックピットを覆う部分)も完成していない状況だったので、現地の機体チェック(フライト前日に行われるチェックでこれに合格しないとフライトできない)も当然パスはしませんでした。

審査委員の方が「明日またチェックしましょう。これがだめだったときはもう飛べません」と言われました。ただ、これが唯一の希望という事もあり、私と小澤先輩と高櫻先輩、そして交流がある東京都立大学MAPPLE OBの長谷川氏と秋元氏の両名による協力もあり、海岸から拾ってきた竹にスチレンペーパーを巻き付け、これを骨組みにしてルミラーで覆うことにより臨時に作成した事により、当日の最終チェックに合格しました。

このレポートについて

 このページやフライトレポートでは様々な賛否があるかと思います。中傷をされたり、嫌みも言われたりもしますが、出場には色んな方々の協力があったり、初出場を目指したいチームもあれば、出場が出なかったりしたことにより解散をしてしまったチームなども存在しています。

実は鳥人間コンテストを経験したことによって、未だに使っている知識や技術なども多く存在しています。必ずこの経験はどこかで生かせるはずですし、様々な歴史から学ぶ事や情報によって多くの良い結果に導く場合もあると思い、掲載しています。決して自慢すべき物ではありません。

鳥人間コンテストロゴ

鳥人間コンテスト大会概要

鳥人間コンテストについて

鳥人間コンテストとは、毎年夏に琵琶湖で行われるフライト距離などのトップを目指す競技です。主催は「読売テレビ」が担当しています。鳥人間コンテスト選手権大会には自分が出場した当時は「人力プロペラ機部門」、「滑空機部門」と大きく2部門があり、最近では滑空機部門や人力プロペラ機部門の中でタイムトライアル部門やディスタンス部門などが存在しています。このページでは鳥人間コンテスト選手権大会への出場方法などについて簡単に掲載をしておりますが、あくまでも参考程度にしてください。この方法に従って何かあった場合は当方は一切の責任を負いません。詳細は公式ホームページなどでご確認ください。

鳥人間コンテストへの出場方法

鳥人間コンテストへの出場方法って何から始めてよいのかわからずに困惑した経験があります。まず始めに「鳥人間コンテスト選手権大会事務局」があります。「鳥人間コンテスト選手権大会事務局」というのは全体的な大会の進行や選考に対し、決定する権限を持っている組織です。現地では「審判委員長」がルール違反が無いかや大会の安全かつすみやかな進行を行います。

次に全体的な流れについてです。まずは「鳥人間コンテスト選手権大会事務局」に必要書類を取り寄せます。また、説明会などへの参加もできるかなども実際に足を運んで伺うと良いかもしれません。当然ですが、出場にあたっては難関がいくつかあります。また、大会事務局のメンバーも実はほぼ毎年変わるのでルールなどには必ず目を通すべきかと思います。

出場へは主に3つの難関があります。

  1. 始めの難関は「書類選考」

    書類選考がまずあります。これは設計図と設計書などを大会事務局に提出をします。大会事務局は多数チームの中から出場チームを選考します。1次選考という表現が正しいと思います。これに合格しないと出場をする事は出来ません。結果発表も私の時は合格か不合格かは「封筒」か「ハガキ」かで運命は決まりました。(私は両方経験しています)封筒であれば合格でした。次回の集合日程などが書いてある場合があるので必ず確認しましょう。

  2. 2度目の難関は「機体製作」

    合格したら本番までに機体をとにかく完成させることに必死になります。機体は完成させないともちろん出場が出来ないので「棄権」の扱いになります。つまり、合格発表が5月で出場本番が7月。単純計算で2ヶ月しかない。ほとんどの常連チームはほとんど合否の前には機体が完成している場合がほとんどです。がんばって作りましょう!

  3. 3度目の難関は機体チェックになります。(彦根に行ってから)

    現地では「機体チェック」と言われる「最後の関門」が待っています。実際に審判委員の方々が機体構造などをチェックします。勿論ここで不合格になるとフライト出来ませんので、注意です。また、前日に合格していればよいのですが、当日合格の場合には、合格したとしてすぐに機体の移動が始まります。途中で機体を安定して置けるような台を用意しておくと良いかと思います。最近ではプラットホーム上で審判委員長が簡単に機体チェックを行っているようです。

3度に渡る難関をクリアした後、フライト本番になります。

関門を通過した機体が実際に本番でフライトすることになります。それまでにくれぐれも機体を壊れないようにしましょう!プラットホームでは審判員が白旗と赤旗を持っています。白旗を揚げながら「ゲートオープン」といったらテイクオフです。苦労して製作した機体が琵琶湖の空へと飛だちます・・・・

フライト後

フライトした後は必ずボートで着水した機体が曳航されてきます。出来るだけ人数を多く確保して機体の回収場所へ行き、機体回収や作業場所などはゴミの持ち帰りなどを必ず行って下さい。

フライト後にやること

フライト後、やる事は結構あります。フライトが成功しても失敗しても、自分自身で学ばなければならないのです。私も実は色々と悔いが残っていますし、改善しなければならない事など悪いと思った点も多く発見しました。反省会や祝賀会を行って、次には失敗しないように努力する事が大切です。歴史に勝利はいないと思いますし、歴史に学ぶ事も必要なのではないかと思います。