通信」タグアーカイブ

旧emobileロゴ

Y!Mobile(旧Emobile)とD01NXについて

Y!Mobile(旧Emobile)について

以前、Emobileを使用していた時期などがございましたので、その時の内容をまとめています。現在ではY!Mobileとして合併がなされましたので、料金プランなども異なった形態になっています。各ページ機種ごとに記載をしていますのでページごとに確認いただけます。

最初に導入したD01NXについて

  • EM-Mobile(D01NX)の導入と受信具合について。
    2007年6月にEM-Mobileを開始しました。これによってエアーエッジはほぼ事実上の廃止に向かう事になりました。さて、私が契約したカードは「D01NX(CFカード形式)」です。このカードにはデフォルトで外部アンテナが付いています。店員さんの話によるとPCカード形式に比べ、いまいち受信感度が悪いようです。では実際に使ってみると、自宅の中でも会社でもいまいちでした。
  • 最初はだめもとで…
    ある日、某電子部品屋で2.4GHz帯の無線LAN専用の全指向性外部アンテナが販売されていました(パソコンにつけられそうなクリップと一緒になってるし、外部接続端子が合いそう)。そこで考えたことは、「D01NXって携帯か無線LANか素人の自分にはわからんが、電波である事には間違いない」と自分の中では思い、だめもとで1400円で購入(無線LANの専用アダプタ付)。そんでもってジャック部分とかを少し改造し、接続してみたのが始まりでした。今考えれば1.7GHz帯のようなので…なんか違うような気がするけど、そこまで詳しくはないので、まあどうでもいいですが・・・
  • 改造方法
    <用意するもの>
    ・できればメガネドライバの大きさくらいのマイナスドライバ
    ・外部無線LAN用アンテナ(秋月電子部品のものがお勧め)<改造方法>
    改造は簡単で、外部アンテナ配線(白配線)端子の周りの端子の広さを広げ、CFカードの端子部分に差し込んでCFカードと配線をテープなどで止めます。そして、後の配線を行って完成です。
    <改造後の工人舎ノートパソコン写真>
    写真は制作中です。

    <注意>
    改造の際には下記の部分に気をつけて行ってください。
    ・外部アンテナの端子は少し広げてから差し込んでください。
    ・アンテナ端子を広げたりする際は折れたりしないように気を付けてください。
    ・D01NXの端子に無理やり差し込まないでください。(端子が潰れます。)

  • 結果
    全指向性という部分が功を成したかはわかりませんが、結果は極めてシンプルで、「受信の安定」かつ「若干の速度向上」が見られました。約100~350Kbps程度の違いしかありませんが、CFカード形式での欠点である受信感度の悪さを改善することができたかと思います。まあ個人差や環境差があるので、一概に改善なる保証はありませんが・・・

利点と欠点

<利点>
・受信の安定化がある程度期待できる。(デフォルトで駄目だった場所も少しは接続できるようになった)
・受信が良い場所では若干の速度向上が見られる。
・受信の安定化によって高速時での受信安定が見込まれる可能性がある。
<欠点>
・非常に惜しいのだが、CFカードとアンテナケーブルのジャックが合わない。
・配線が少し長いこともあり、CFカードに何かで止める必要あり。
・外部アンテナがでかいので、不格好になる。(ある程度は改善できるとは思うが…)
・工人舎ノートなどの小型ノートパソコンに装着した場合には、外部無線LANアンテナがあまりにも長すぎるため、置いた際に不安定になります。(デフォルトでも倒れます…)

免責事項など

・あくまで自己責任で行ってください。私は責任を一切持ちません。
・下手な改造になるとメーカーの保証が利かなくなります。
・D01NXの端子に関する情報がありましたらお願いします!
※D01NXのアンテナ端子について
D01NXはどうやら規格外の端子を使用している可能性が大きいです。SMAソケットシリーズではまるものを見つけられれば、配線を再度行えば、きちっとはまりますので、取り外しが簡単になります。