タグ別アーカイブ: Loox

Loox U/G90

Loox U/G90について

Loox U/G90について

Loox U/G90

Loox U/G90

Loox U/G90は自分自身では所持はしておりませんが、友人が所持していた関係でLINUXのインストールなどの手伝いをしました。そこで、その際に思った事やレビュー、メモなどを記載させていただきたいと思います。購入時にはOSにWindows7を搭載し、タッチパネルによる操作なども行える事が特徴です。また、印なt?ネットへの接続も無線LANだけでなく、契約を行うことでWimaxでも通信が出来る機種となっています。

Windows7での使用してみた感じ

 使用してみた感じですが、そのまま使用した場合に関してはかなりのモッサリ感があります。アップデートを行い、視覚機能などを取り除けばある程度は改善しました。もしくは解像度を下げることで解決をする場合もあります。セキュリティーソフトにはウイルスセキュリティーゼロ、ブラウザにはChromeを採用していますが、改善が少し行うことができたように思えます。ただし、動画に関してははもたつく場合もありますので注意が必要かと思います。

Ubuntu10.10をインストール

  1. 起動時
    BIOS画面で起動を選択した後、直ぐにENTERを押し、F6キーを押してOptionにxforce=vesaを追記して起動します。なお、acpi=offは記載しなくても起動しましたので、後は指示に従いながらインストールを行ってください。
  2. サウンド
    まず、Ubuntu10.10、LinuxMint10では最初から起動音が何度も繰り返し鳴りっ放しの状態でしたので、サウンドから始めました。この症状の可能性としては、Intelのチップセットの認識がおかしいのではないかと思いましたので、音がならない症状を参考にしたことで、その辺を設定することで解決しました。・設定方法は下記の通りです。
    #sudo gedit /etc/modprobe.d/ファイル名.conf
    (ファイル名はなんでもOKです。)
    ・記載内容
    options snd-hda-intel enable_msi=0
    options snd-hda-intel model=auto
    ・記述後に保存を行い、PCを再起動すると解決しました。
  3. タッチパネル
    タッチパネルはDebianUnstableでGOさんのサイトを参考に、「xinput calibrator」を導入し、解決をしましたが、注意点がいくつかあります。まず、実際に使用する際には設定したときの範囲を超えて、画面端の認識が正常に行えません。また、設定する際はメニューから行うと設定ができない状態でしたので、端末を立ち上げてから、#sudo /bin/sh -c “xinput_calibrator; cat”とコマンドを打ち、設定が行えました。多分ですが、管理者ではない関係で発生した現象である可能性が高いです。
    JoytouchやEvtouchもやってみようとは思ったのですが、参考にさせていただきましたDebianUnstableでGOさんのサイトでも言われているとおり、Evtouchは検証しませんでしたが、Joytouchはマルチタップが可能なことが影響しているかどうかはわかりませんが、動作が不安定です。
  4. GMA500
    VaioPでUbuntuインストールなどで情報として掲載があるのがIntelGraphicMediaAccelerator500(IntelGMA500)の問題でしたが、Loox U/G90においてもGMA500を搭載していますので、下記コマンドを実行することで成功しました。・設定方法は下記の通りです。
    #sudo add-apt-repository ppa:gma500/ppa
    #sudo apt-get update
    #sudo apt-get install poulsbo-driver-2d poulsbo-driver-3d poulsbo-config・解像度の設定方法(追記)
    #sudo gedit /etc/default/grub

    ・変更項目
    1)GRUB_CMDLINE_LINUXの部分
    acpi_osi=Linux acpi_backlight=vendor acpi_skip_timer nomodeset video=uvesafb:mode_option=1280×800-24,mtrr=3,scroll=ywrap pci=nocrs mem=896mb
    ※1280×800の24ビット設定となっていますので、動作が重いと感じたら適度の変更をしてください。
    2)GRUB_GFXMODEの部分
    1280×800

    関連設定(追記)
    ・設定項目
    #sudo gedit /etc/modprobe.d/poulsbo.conf
    options psb=disable_vsync=1を追記。
    もし項目としてno_fb=1が入っているようであれば削除
    #sudo gedit /etc/initramfs-tools/conf.d/splash
    FRAMEBUFFER=yを追記。
    #sudo gedit /etc/initramfs-tools/modules
    uvesafb mode_option=1280×800-24 mtrr=3 scroll=ywrapを追記。
    ・設定後に設定を反映させる必要がありますので、以下のコマンドを実行します。
    #sudo mv /usr/lib/pm-utils/sleep.d/99video /usr/lib/pm-utils/99video
    #sudo update-initramfs -u
    #sudo update-grub

  5. Webカメラ
    CheeseやSkypeでは認識の問題かは分かりませんが、画面がなぜか90度横向きになってしまいます。また、Cheese自体は残念ながらメニューなどのプルダウンなどがうまくいかず、動作が不安定でしたので実用は難しいかと思います。VaioPでは正常に使用が出来ているとの情報もありますが、可能性としてはGMA500の一件が関連しているのかなあ…よくこの辺は分かりませんでした。

その他

・無線LAN関連はインストール時より正常に接続が可能です。
・ハイパネート、サスペンドは正常に動作しているように思えます。ただし、ハイパネートを使用するよりかは通常にシャットダウンと起動をした方が時間的にも早いように思えます。
・メニュー表示などが遅くなることがあります。
・Flashの動画を見る際はさすがにフルスクリーンにするとカクカクした状態になってしまいますが、Seamonkeyをインストールした方が良いと思います。また、LanguagePacksを導入し、設定のAppearanceの項目で日本語にできます。
・Flashにおいて、Seamonkeyでもカクカクになる場合はFlashを再生している動画の上で右クリックをしてメニューを出し、「設定」をクリックしてハードウェアアクセラレーションの有効化という項目のチェックボックスからチェックを外してあげることで解決する可能性があります。
・ChromeやFirefoxですと少し重たい動作になってしまう可能性があります。
・設定の自動起動するアプリより動作に必要がないと思われる項目のチェックを外すと高速化に繋がる可能性があります。
・時間がかかる場合がありますので、スクリーンセーバーごとにパスワードを要求することを好まない場合には、設定画面で設定ができますので外されると良いと思います。

参考サイト

今回、以下のサイトを参考にさせていただきました。Linuxも色々な情報が出てくるようになり、ますます使いやすくなってきているような感じがしますし、このような情報があると本当に助かります。
・OS配布元
ライブCDの部屋さんのサイト
・サウンド設定関係
Ubuntu日本語フォーラム
・タッチパネル関係
DebianUnstableでGOさんのサイト
・GMA500設定関連
LiberOSさんのサイト
・Seamonkey日本語化
Seamonkey Language packs

その他のOSに関する検証結果。

OpenSUSE 11.4 / 12.3

OpenSUSE 11.4のインストールは可能ですが、タッチパネルの正常な認識はできませんでした。また、動作も比較的もっさりしてしまいます。音の繰り返しに関してはUbuntu同様の現象が発生しますが、Yastのサウンド設定部分より追加で項目:enable_msi 値:0と項目:model 値:autoを入力して設定し、再起動すると解決します。また、12.3に関しては一応起動などは正常に行えますが、動作ももっさりした感じでFlashの再生も実用的ではありませんでした。

Ultimate Edition 3.4 / 3.5

自分の環境ではUltimate Edition 3.4ではHDDへのインストール途中でインストーラーがクラッシュしました。(インストールの終盤のクリーニングの最中)また、Ultimate Edition 3.5では表示がうまくいきませんでした。

Jaris、PC-BSD、Solaris 11

起動途中で止まるため、起動はできませんでした。

Mandriva

インストールは可能でした。ただし、無線LANの認識に関しては正常に認識できませんでした。

Loox U50XN

Loox U50XNについて

Loox U50XNについて

Loox U50XN

Loox U50XN

Loox U50XNは小型ノートパソコンとしてUbuntuをインストールするパソコンとして購入しましたが、インストールに手間をかけている時間が無かったた め、結局ずっとVISTAで使用していました。Ubuntu8.10がでてしばらく経過しましたが、今回ついにUbuntuにしましたので、インストール メモを残しておきます。私が購入していたLooxU50XNは無線LANとワンセグは搭載していないモデルです。

Ubuntu8.04インストール

Ubuntu8.04は確かに動作は軽快になりました。ただ、私が購入しているモデルは無線LANを搭載していないので、LANは動作しませんでした。 LANが動作しなかったので、イーモバイルでの検証も考えましたが、やはりLANは必要という結果になり、検証はあえてしませんでした。

Ubuntu8.10インストール

Ubuntu8.10をインストールしてみると8.04と違い、有線LANなどをデフォルトで認識しましたので、指紋認証、タッチパネルも認識するのでは ないかと考え、今回の検証はUbuntu8.10について行いました。私は日本ローカライズにこだわっていませんので、あえて本家のインターナショナル版 を使用しています。また、Ubuntuのインストールについては通常通りに行なっています。

主な参考ページ

参考文献

週間アスキー別冊「カンタンUbuntu2」
この本はUbuntu8.04時に各小型ノートにUbuntuをインストールして検証しています。私が今回使用したバージョンはUbuntu8.10であ り、かなり8.04の時に比べて改善している部分があります。他にもホームサーバーの構築術やソフトの紹介などがありますので、かなり有意義な雑誌ではな いでしょうか。780円と安価ですので、保管用に一冊いかがでしょうか。

タッチパネル認識

タッチパネルの認識については自分の場合、「joytouch」ではなく、「x-server-xorg-input-evtouch」を使用しました。 そして絶対に注意事項を読んでください。BIOSでの設定がなされていない場合には、いくら同じ事をしても、いつまでたってもタッチパネルが使用できませ ん。BIOS設定を行なった場合にはまず、パッケージインストーラーで「x-server-xorg-input-evtouch」をインストールし、そ の後「xorg.conf」をいじって再起動することで動作を確認しました。

本当はUbuntu8.10の時はXorg.confを絶対にいじってはいけない、「/etc/hal/fdi/policy/」に書き込むとかの情報 がありましたが、下記の情報をそのままコピーしたら動作しましたので、良いかどうかは知りませんが、これで良しとしましょうか。Xのアップデート更新とか で書き換えられたら多分起動しなくなるかも。

下記のxorg.confはUbuntu8.04での動作時のモノであると推測されます。まあ、あまり参考になるかわかりませんが・・・まあそれはともかく、「$sudo gedit /etc/X11/xorg.conf」で起動し、下記の無いように差し替えて、Xorgの再起動で良いと思いますが、念のためPCを再起動したところ、動作を確認しました。

# xorg.conf (X.Org X Window System server configuration file)
# This file was generated by dexconf, the Debian X Configuration
tool, using
# values from the debconf database.
#
# Edit this file with caution, and see the xorg.conf manual
page.
# (Type “man xorg.conf” at the shell prompt.)
#
# This file is automatically updated on xserver-xorg package
upgrades *only*
# if it has not been modified since the last upgrade of the
xserver-xorg
# package.
#
# If you have edited this file but would like it to be
automatically updated
# again, run the following command:
# sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

Section “InputDevice”
Identifier “Generic Keyboard”
Driver “kbd”
Option “XkbRules” “xorg”
Option “XkbModel” “jp106”
Option “XkbLayout” “jp,jp”
Option “XkbOptions” “grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll”
Option “XkbVariant” “106,”
EndSection

Section “InputDevice”
Identifier “Configured Mouse”
Driver “mouse”
Option “CorePointer”
EndSection

Section “InputDevice”
Identifier “Synaptics Touchpad”
Driver “synaptics”
Option “SendCoreEvents” “true”
Option “Device” “/dev/psaux”
Option “Protocol” “auto-dev”
Option “HorizEdgeScroll” “0”
EndSection

Section “InputDevice”
Identifier “touchscreen”
Driver “evtouch”
Option “Device” “/dev/input/by-id/usb-Fujitsu_Component_USB_Touch_Panel-event-joystick”
Option “DeviceName” “touchscreen”
Option “MinX” “530”
Option “MinY” “1075”
Option “MaxX” “15260”
Option “MaxY” “15800”
#Option “ReportingMode” “Raw”
#Option “Emulate3Buttons”
#Option “Emulate3Timeout” “50”
Option “SendCoreEvents” “On”
EndSection

Section “Device”
Identifier “Configured Video Device”
EndSection

Section “Monitor”
Identifier “Configured Monitor”
EndSection

Section “Screen”
Identifier “Default Screen”
Monitor “Configured Monitor”
Device “Configured Video Device”
EndSection

Section “ServerLayout”
Identifier “Default Layout”
Screen “Default Screen”
#InputDevice “Synaptics Touchpad”
InputDevice “touchscreen”
EndSection

指紋認証認識

パッケージのソースに「deb http://ppa.launchpad.net/madman2k/ubuntu hardy main restricted universe multiverse」と追加し、パッケージインストーラーで「fprintdemo、libfprint、libfprint0、libpam- fprint」をインストールします。そして、「sudo fprint_demo(雑誌ではfprint-demoとハイフンになっていますが、アンダーバーで無ければ起動が出来ません。)」で起動をすることが 出来ます。簡単な話がUbuntuはDebianベースのOSですのでDebianのソースを使いなさいと言うことですね。

起動時の指紋認証でのログインとしては、「/etc/pam.d/common-suth」を「auth sufficient pam_fprint.so、auth required pam_unix.so try_first_pass nullok_secure」に変更すると出来るはずですが、私の環境では出来ませんでした。2009年1月31日現在、なかなか指紋認証に関しては情報 がこれ以上見あたりませんでしたので、指紋についてはギブアップです・・・

Ubuntuインストール時の注意

  • いつものことですが、自己責任でお願いします。
  • 外付けドライブが必要です。
  • BIOSであらかじめ、詳細のタッチパネル設定をタブレットモードではなく、タッチパネルモードにしましょう。これは非常に重要で、私の場合はタブレットモードになっていた状態ではデバイスを認識すらしてくれませんでした。
  • タッチパネルは特にAC状態での右上部分においては不認識になったり、動作はもたついたりと、やはり実用的ではありません。joytouchについては画面が真っ黒になっていましたが、何回タッチしても先に進まないので、不可能でした。
  • 指紋認証については、Ubuntu8.04の説明に従っておこない、fprint_demoではデバイスとしても認識していますし、指紋登録も行えます が、ログイン時の変更部分についてはファイルを変更しても全く意味がありませんでした。(解決する方法が他にあるかもしれませんが・・・)
    そのうちDebianを検証してみます。

public WiKi for kmuto pageさんのサイトで、「富士通LOOX U」というDebianのインストールに関する情報ページがありますので、そのうちDebianの方も検証してみたいと思います。

追記:Ubuntu軽量化(2009年1月31日)

軽量化を行なうことで、ニコニコ動画やYoutubeなどの動画も案外もたつきやカクカクさが無くなる程度まで改善する可能性があります。主に行なった項目としては以下の通りです。

主に行なった軽量化

  1. Tracker削除
    いつものことですが、Trackerは入りませんので、アンインストールします。
  2. DefaultDepth 16の記述
    Xorg.confに記述してモニター解像度を16ビットに保ちます。
  3. 不要なサービスの停止
    不要なサービスをカットして動作を軽快にします。
  4. 視覚効果を無効に。
    視覚効果を無効にすることで、特に作業領域が小さいパソコンでの移動に対応します。
  5. 背景を単色にし、ワークスペース、パネルを1個に縮小。
    主にグラフィックや負荷に関する軽量化をします。

その他のOSに関する検証結果。

OpenSUSE

OpenSUSEはデフォルトで問題なく使用ができます。インストール時には設定は手動で行い、ディスプレイの大きさや解像度などをきちんとした設定に 変更すると良いと思います。指紋認証とタッチスクリーンはデフォルトで認識はしていますが、タッチスクリーンの方は座標がおかしくなっています。今のとこ ろ、修正する手段などは見つかっていません。

OpenSolaris、Jaris

起動も行えますし、通常の使用に関しては特に問題はありませんでしたが、動作的な問題やニコニコ動画などのFlash再生に関してはOpenSUSEの方が断然良い結果になりました。

Fedora10

USBによる認識がなぜか途中からできなくなりますので、DVDによるインストーラー形式ではインストールはできませんでした。